【vol,002】『ブログの見本』では無く、『ブログの手本』でも無く、『ブログの基本』から(^^;) どうせやるなら!


自社サイト、オウンドメディア、自社集客力、ブログ、ワードプレス等など、、、  何となく始めてはみた物の、よく分からず、フワッとしていて、嫌になってる人いませんか?困ってる人いませんか?

そんな方へ! そういったサロン様に向けて、現在我々が行ってるフォローの内容のお話しです。

前回記事
【vol,001】『ブログの見本』では無く、『ブログの手本』でも無く、『ブログの基本』から(^^;)  どうせやるなら!
オウンドメディア、SNS、ブログを利用する事を、現在は推奨しています。 でも、ブログ=集客 には、中々ならないし、下手すりゃいくらやっても、...

訪問ありがとうございます(^^)
【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 【広告blog】
SPディレクター@アイザワ”です。

引続き、ブログ、ワードプレスについての、僕なりの、初動時のオススメを順を追って解説していきます。

見て回って、学び、盗み、パクリましょう(^^;)

取り敢えず、始めてみたら、次にオススメする事は、人気ブログを沢山見ましょう。 始めは深く読み込まなくていいので、 たくさん見て回りましょう。  注目するのは、書き方、ビジュアル的な事です。

書き始め、改行の入れ方、読みやすさ、画像の入れ方、引用、出典の書き方、等など。 見て、学んで、盗み、パクりましょう。 内容は盗み、パクリは駄目ですよ(^^;) あくまで参考にしましょう。

手法や、書き方、言い回し等は、自信で取入れてみて下さい。

気に入った物サイトは、ブックマークしておきましょう。 そして、その人の関連SNSもチェックしましょう。 特に、Facebook、Twitter、インスタグラムは、フォロー、いいね、友達申請をしましょう。

書き方と機能に慣れましょう

そうして、見て回ったら、見やすかった物、機能を自分でも使ってみましょう。 よく使われるのが、時事ネタや他人の記事を元にして書く場合に用いられる、『引用』と『出典』というのがあります。  これは、ブログもそうですが、 キュレーションサイト(まとめサイト)に多く使われているので見てみて下さい。

他のサイトの記事を取り込む事は良くあります。 ワードプレスへの取り込みで相性が良いのは、同じワードプレスです。 ワードプレスで書かれた、他人の記事を、自身のワードプレスに取り込むのは非常に簡単で、見易くできます。

撮り込み方の相性の良さ!

同様に、You Tube、ツイッター、インスタグラムも非常に相性が良いので、やってみてください。  取り込みに関しては、フェイスブックはイマイチです(フェイスブック➡ワードプレス)。  逆だと(ワードプレス➡フェイスブック)非常に相性はいいのですが。

Facebookでよく見かけるこういうアイコン付の投稿は、ワードプレスなら簡単にできます。

自分の書いたワードプレスの記事を他のSNSに取り込むのも、実に簡単です。 フェイスブックも簡単にアイコン付で仕上がります。 この事については、今後『拡散の方法』で、詳しく説明します。

とにかく、見て回るとこんな事も? これってどうなってる? みたいな事が出て来ると思います。 そんな事でも楽しみが増えれば面白くなります。 見ていると、始めの目的や楽しみが変わるかも知れません。 それはそれで、良い事だと思います。

今回は この辺で!!! 続きはまた次回に!


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)