【VOL,005】『ブログの基本』書き始めの重要ポイント!最初に重要になる部分はココです!【初期編】


前回【vol,004】の最後に書いた質問の答えとは!!

<中略>
ココからは、中身、内容も重要になってきます。
しかしその前に、中身と同等か、始めは中身以上に重要な事があります。
何だと、思いますか?!
勿論中身は絶対重要なんですが、ソレだけではダメで、、、、
卵が先か?鶏が先か?状態です(^^;)

最後に、こんな感じで書きました。何だと思いますか?

これも、個人的見解ですが(^^;) 僕が出した答えは『タイトル』です。その理由って見当つきますか? 何故かわかりますか?そんな事を書きます。

前 回 記 事
【vol,004】『ブログの基本』どうせやるなら!(^^;) vol.001~003のおさらい!【作業編】
オフィシャルブログを始める際のオススメや、イマイチ上手くいってない人に今一度、見直してほしい事を3回に分けて書きました。最終的に、それぞれの人にとって、『ブログは集客に役立つか?』の、答えが出せる迄の初期のオススメ事項です。 この答えも、そ

訪問ありがとうございます(^^)
【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 【広告blog】
SPディレクター@アイザワ”です。

とにかく『タイトル』が重要

インターネットの特性や現在の諸々の状況を考えれば、タイトルは最重要項目です。 タイトルが抜群でも、結局中身がショボければ、残念な結果になります。

かと言って、中身がどんなに素晴らしくても、『タイトル』が悪ければ、はじめて訪問した人や書いた人を知らなければ、見て貰うチャンスも無い訳です。

書いた人を知っていても、この先記事数が増えれば、全部の記事を読まれるとも限らないので、やはり『タイトル』は重要なんです。

インターネット上の特性。行動は全て共通。

ブックマークしたページに行くとき以外は、必ず何かをクリックして次のページに進みます。

つまり、この『クリックする』という動作がなければ、ほぼ中身を見て貰うチャンスすら無い訳です。 では、そのクリックは何を見て決めますか?

写真等のビジュアルか、『タイトル(件名)』『ディスクリプション(リード文)』を見て、あなたも決めていませんか? でも、これは当然です。 なぜか?それしか、そこにしか中身の情報を知る術が無い訳です!

自分の求めている事が書いてある?!の判断

そのタイトルやディスクリプションを見て、そこに何が書いてあるか?  自分の求める内容が書いてあるのか?を判断する訳です。 『ありそう!』『面白そう』と思えば、恐らく、『クリック』される事でしょう。

第3者が見ても興味を引く!

さらに、拡散時に、SNSや他のツールを使って第3者が突然目にしても、興味を感じたり、目に止まってクリックして貰えたら大成功です。 その時も何を見るかと言えばタイトルとキャプション、それとSNS上の紹介文になります。

例として、フェイスブックでの拡散時のタイムラインの表示で説明すると、

フェイスブックのタイムライン。この様に表示される。

  1. 先ずは上段の名前があります。
  2. 赤枠の1⃣の部分は、フェイスブックで追加する紹介分です。
  3. 青枠の2⃣の部分は、ブログのタイトルその物です。
  4. 緑枠の3⃣の部分は、ブログの文頭になります。
  5. 画像(ビジュアル)は、ブログの中で使われている物です。

見えてくるのはこの5つです。 この限られた中でいかに多くの人に興味を持って貰えるか?が、クリックされるか、されないかの岐れ道になります。

友達がいいねシェアをしてくれて、第三者のタイムラインに流れた時は、特にB~Eの4つのみで判断されます。 友達は名前にも反応してくれますが、その先はB~Eの4つで気を引かなければいけません。

ただ拡散しても無意味

SNSでの拡散は、ブログを書き始めたら早い段階でやって貰っています。 やり方をマスターしたら次に考えて貰いたいのは今回話している『タイトル』の付け方なんです。 この事を考えずにいくら拡散しても、意味がありません。

『ビジネスいいね』は増えるかもしれませんが(^^;) それでは本来望む事に繋がりません。

判断基準がそれしかない!

タイトルの重要度は何となく感じて貰えましたか? とにかくそこしかないんです。それ以外知ってもらう事も出来ないし、こちらもアピール出来ないのです。だからこそ、タイトルの付け方、文頭の書き方が重要になるのです。

この他にも『タイトル』は色々な面で重要になってきます。 SEOの面でも、検索結果のサイト説明文でも。 それは後々詳しく説明します。 とにかく今は、『タイトル』を読んで、クリックして貰える様に『タイトル』をしっかり考えてみて下さい。

そうなると『タイトル』付けも、迷ってしまうと思います。確かに難しいですし、1つの答え、正解も無いので迷うと思います。

そんな時!『タイトル』の付け方、考え方があるんで、次回はその手段を書こうと思います。 簡単にはいきませんが、迷いは減ると思います。

『タイトル』だけが重要な訳ではありません。 内容も重要です。 でも、順番的にタイトルが先に来るわけです。

少しでも見て貰える様に、クリックして貰える様に『タイトル』を考えてみて下さい。

次回は、そんな内容を書こうと思っています。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)