ブログや記事を読んでもらう為には、見てる側の気持ちで見直さないといけない。


WEB上で情報を発信していると、僕は、ついつい持論を長々と書いてしまいます(^^;)💦 これは、見てる側からすると見る気失くしますよね、、、、 分かってはいるんですが、、、、

出だしを読んで、つまらない!意味が解らない!と感じれば、たちまち離脱してしまいます。 検索すれば似たようなサイトは、いくらでも存在してますから。

文章で何かを丁寧に伝えるのは、言葉で伝えるより長くなりがちです。 少々長くても、読んで貰える為に、極力、心がけている事があります。 それは『伝える内容の、書く順番』なんです。 その順番についての話しです。

出典:スラムダンク

ご訪問ありがとうございます(^^)
【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店

広告ディレクター @アイザワ”です。【広告blog】

アイザワ流 文才の低さを補う手段!

結論、効果、メリットの伝える順番!

文章に面白みを出す事が、未だに上手くいかない僕ですが(^^;) 諦めませんよ!安西先生!! っという事で、文才に欠ける自分の記事を読んで貰う為に実践している方法です。

通常は『起承転結』の順になるのでが、僕は『起結承転』にしています。 そして、『何について書いてあるのか』をしっかり伝える様にしています。 ここでいう『結』とは、書いた内容がもたらす結論、効果、結果、メリットを先に伝えるのです。

そこに興味を持ってくれた人だけが、続きを読んでくれるというもの。 その『結』を得る為には、続きを読まなければいけないという事です。

1000文字位書くと長く感じる!

ワードプレスを利用中の方に、1記事、1,000文字位書いて下さいと、推奨してます。 最低でも500文字以上でと。 そうなって来ると、最後の最後に重要な事を書くと、そこに辿り着くより前に離脱が高まりました。

なので、結果や効果を、ある程度序盤に書く事にしています。 この方法が良いのか悪いのか、データは出ていませんが、以前より直帰率は下がり、滞在時間が長くなりました。 偶然かもしれませんが(^^;)

タイトルは➡その記事のテーマ『起』

タイトルには、その記事は何ついて書いてあるのがしっかり伝わる様に書くようにしています。 いつも50文字くらい使って長めに書いています。

嬉しい情報、良い情報は読んで貰える可能性が高まる

早目の『結』は、見てる人が喜ぶ事

早目の『結=答え』は、見てる人にもらたすメリット、探している情報、お得な情報等を書いています。 そして『承』『転』として、手段や方法を書いて、興味を持ってくれた人が読んでくれる。 という方法にしています。

読み終わった時に『なんじゃこりゃ?!』に極力ならないようにする為です。 文才はすぐには変えられないので、せめて無駄になる事を回避する為でもあるんです。

プロのライターでは無いんで(^^;)仕方ないです。

一番心がけている事!!

件名(タイトル)と序盤の文章で、出来るだけこの記事に書いてある内容、『お題・テーマ』『誰あてに・どんな人に』『書いてある情報・メリット』を先ず、しっかり伝える様にしています。

人気のブログや、いいね、コメントの多いブログ等を見てみると、タイトルと紹介分で、何が書いてあるのか、しっかり伝わる様になっていますし、 言い回しに、その人の特徴が表れています。

改めて、人気のブログのタイトルやFBの紹介文を見てみて下さい。 実によく伝わる文章が書いてあります。 僕もいつも参考にさせて貰っています。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)