”やり続けたい”と思った事だけ全部やる、経営者的理論だと思った!


『一時的なやりたい』は手放してでも 『やり続けたい事』を優先する

アメブロのメルマガで、たまたま見かけた記事です。 書いてる方も存じ上げませんが、『なるほど』的な、なるほど発見だったのでご紹介させて頂きます。

職人肌という理論より、経営者的考え方ですね

アメーバロゴ

アメーバロゴ

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 SPディレクター【広告blog】

リピータの多い人気店をプロデュースする男 アイザワ@です。

”一時的なやりたい”を手放しても

要するに、やりたい事はたくさんあるけど 全てをやる事は不可能です。

ではどうするか?

まず、自分の中だけでヤルかヤラ無いかを判別する。 その際に

今、やりたいことの中でも

”やり続けたい”と思ったことだけやるようにしている。

一時的な”やりたいこと”はビジネスに繋がる前に飽きるから。笑

さらに

”一時的なやりたい”を手放しても

この位の考えで、選んでいかないとイケない。

しかし、一番伝えようとしている事はこの事ではなくて、 この事だと思います。

”一時的なやりたい”を手放しても

”やり続けたい”ことが多い場合もあるよね。(今の私)

そんな時は、

やり方を変えることが大事だと思う。

多くの成功者さんが

たくさんのことをやり続けられているのは

”人の協力”を得ているからで

つまりは

自分一人では絶対に無理。

なので、そんな時は

一人でできない量の”やり続けたいこと”は

周りにサポートしてもらってやり続ければいいと思う。

なので、これから僕自身が考える事はサポートして貰えるように

サポートしたくなる人間になる

サポートしたくなる物や仕事を考える

そうです!今回一番『ピンっ!!』と来た事は

サポートしたくなるような『人間性』と『仕事内容』

この二つを徹底しなければと 改めて考えさせられました(^^;)

そして、全て自分でやろうとしない。

サポートして貰える努力をもっともっと考えるべきと思いました。

サポートして貰えないのは自分自身の『人間力』の無さが原因

周りのサポートが得られないのは、仕事や案件の内容その物に魅力が無いか、自分の人間力が低いのが原因です。 多少は周りに意地の悪い人ばかりの場合もありますが(^^;)

ほぼ その人の人間性が関係していると思います。 本当につくづく感じます。

【結論】仕事も人間的にも 周りの人がサポートしたくなる様な魅力を常に意識するべきですね。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)