これからの美容室の広告は宣伝・広告をしない?!『インフルエンサー』に通って貰って広げる!?


これからの美容室の広告は、宣伝・広告をしない?!SNS、インスタグラマー、ユーチューバ―等の『インフルエンサー』に通って貰える事!

美容室に限らず、美容業界全体的にSNSの影響力は集客でも、求人でも注目されています。 フォロワー数の多い美容師さんは集客においても成功している方もいます。集客数はまだまだ少なくても、インスタやブログ等から集客出来ている美容師さんや美容室も少なくありません。

更に、集客や販売において影響があると言われているのが『口コミ』です。誰しも来店前、購入前に、口コミやレビューがあれば見て、確認するのは当たり前ですよね?

『インフルエンサー』とは=影響力のある人、拡散力のある人

そんな中、今現在注目されてるのが『インフルエンサー』と呼ばれる、『インスタグラマー』『ユーチューバ―」の人達です。『インフルエンサーマーケティング』と呼ばれる手法です。

しかし、昔でいう、芸能人、人気タレントのコマーシャルの様な通常の宣伝・広告とは全然違うし、仮に、そのやり方をしていては、そのインフルエンサー自体の人気も無くなるし、お店や商品も叩かれてしまします。そもそも見ている人もすぐに分かるので、広告効果は無いと思います(^^;)

なので、今回は、そんな間違えた『インフルエンサーマーケティング』をしないで為の、誰でも分かる『インフルエンサーマーケティング』の取り組み方を紹介します。

人気美容師プロデュース計画

訪問ありがとうございます(^^)
【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする日本橋人形町の広告代理店、広告ディレクター アイザワ”です。【広告blog】

『インフルエンサーマーケティング』って何するの?

超~簡単に言えば、インフルエンサー(影響力のある人)に、商品やお店を、その人のコンテンツ、ツールを使って掲載、アップして貰う事で、告知、宣伝に繋げる事です。そのコンテンツやツールというのが、インスタやyou tubeになります。

これ自体がインフルエンサーマーケティングです

インフルエンサーに依頼➡お金を払う➡宣伝して貰う!

このいう流れなのはこれまでの広告と変わりません。違うのは、見ている人への影響の面です。そもそも、インフルエンサーが宣伝する相手というのは、基本的に『フォロワー』になります。

この『フォロワー』というのは、このインフルエンサーのファンだったり、もしくは信頼出来る『共感者』という存在になります。ココを履き違えてはイケない重要な部分です。

つまり

『この人が言うなら間違え無い!』

『この人が使ってるなら私も使ってみよう』

『この人の肌(髪)みたいになりたい!何使ってるの?』

フォロワーにとって、このインフルエンサー(フォローしている人)というのは、こういう存在なんです。

なので、いくらお金貰ったからってインフルエンサーも、気安く『良いです』『オススメです』『私も使ってます』とは言えません。そんな事ばかりしていたら、自分の価値を下げてしまう恐れがあるからです。

フォロワーにとって、インフルエンサーは『趣味、思考が共感できる、信用度高めの他人』である!

若者の『Google離れ』が良く言われています。若者の検索は『ググる』より『#(ハッシュタグ)』です。その原因幾つかは、Google検索は広告や大企業のSEO上位表示が多くて、信用性が低いからと言われています。

それに比べて、インスタやツイッターの#(ハッシュタグ)はヤラセが少ないという認識です。それは、リアルな『口コミ』を見る事と同じような事です。

フォロワーがインフルエンサーに求めている事は『口コミ』の様なリアルな情報を届てくれる『趣味、思考が共感できる、信用度高めの他人』と言った所でしょう。

SNSの繋がりやフォローというのは、趣味や思考が同じ人、近い人、似てる人との繋がりやコミュニケーションのツールです。同じものを見て同じ感情になる事。同じ事への価値観が共通していたりと。そういう繋がりの場所なんです。

美容室のインフルエンサーマーケティングのやり方

例えば、インフルエンサーに依頼して来て貰って施術して『ココの美容室オススメです!良いですよ!』って宣伝して貰っても、いつも通ってる美容室は別では、効果は薄くなります。

許されるとしたら、企画として『体験』『紹介』といった事ならいいかも知れません。しかしフォロワーが求めている事は、リアルな意見、リアルな口コミなのでその人が『普段から通ってる』とか『普段から使っている商品』には敵いません。

では、どうするか?

インフルエンサーに、定期的に通って貰えるメニューが一番効果的!

カット、カラー、パーマ以外でも問題ありません。髪がいつも綺麗でトリートメントをやったり、ホームケア商品を実際使って貰ったり、ヘッドスパ、頭皮マッサージ等、頭皮、毛穴洗浄でも良い。

そういう拡散をして貰えれば一番効果的だと思います。

宣伝、広告をしない広告?!とは?

ココもヤヤこしい話しなんですが・・・・・(^^;)💦

比べてみて下さい!

  • 『この商品凄く良いんですだから施術してみて下さい』と、見知らぬ美容室の見知らぬ美容師が書いたブログ
  • 『この商品凄く良かったです』とフォローしているインフルエンサーが書いたインスタ

Q 質問:どっちが影響力あると思いますか?

宣伝、広告しないとは『買って』『来店して』という投げかけ方をしないで、『この人がやってるならやってみような』とか、『この人と同じような綺麗な肌質になれそうなら、私も使ってみたい!』と思わせる手法の事です。

『良い商品は黙っていても売れる』という事はありません。特に現代では、ITを駆使しなければいけません。

宣伝や広告は商品アピールよりも、消費者目線が重要

今の時代に限った事ではありませんが、商品やお店の凄い所、特徴、性能等、宣伝する側のアピールかりでは見ている側の食いつきは悪い時代です。しかも調子のいい事や嘘、大袈裟を書いても直ぐばれる時代です。

美容室の広告でも同じです。ホットペッパービューティーでも、ホームページでも、チラシ、リーフレットでも、商品の説明、凄いアピールだけでは集客効果は上がりません。

もっともっとカスタマー(お客様)目線で、食いつきポイントを考えないとドンドン取り残されてしまいます。

SNSでの集客成功サロンはそこを理解している! 上手くいかないサロンはそこを理解しない限り成功しないし、取り残される!

現在、SNSで集客できているサロンは、その部分を分かっています。もしくは上手くカスタマーの食いつきポイントにアプローチできています。逆に、上手くいかないサロンはそこをはき違えてるのだと思います。

アピールポイントやアピールの仕方そのものが・・・・。

SNSは今後も重要なコンテンツになるでしょう。でも、難しいのも事実です。そんな場合は無理に自分でやらずに、インフルエンサーに依頼した方が得策だと思います。

因みに、こんな比較はどうですか?

  • 当サロンは、スタッフも仲が良く、落ち着いた雰囲気のアットホームなサロンです』と、見知らぬ美容室の見知らぬ美容師が書いたブログ
  • あの店、スタッフの仲も悪そうだし態度も悪いし、ガチャガチャしてて全然落ち着かなかった。もう二度と行かな!最悪!と、友達が書いたツイッター

Q 質問:どっちを信じますか?

  • 長澤まさみがCMしてた化粧水
  • フォローしてる美容家が使ってる化粧水

Q 質問:どっちが欲しくなりますか?

同じ商品の宣伝で

  • この商品は厳選された材料で作られた商品です。ナノイオンだから浸透率が高く肌の奥まで届きます。高性能な商品です。
  • ○○さん(フォローしてるインフルエンサー)使っている商品で、○○さんの様な綺麗な肌になれる!

Q 質問:どっちが欲しくなりますか?

カスタマーに○○を伝えられかどうかが、広告の鍵になる!

インフルエンサーを使うか使わないかは別としても、肝心な事はカスタマーに響くかどうかです。そして、一番伝えるべき事はその人にとっての『メリット』の部分です。

『○○を伝えられるか』の○○部分というのは、可愛くなれる、キレイになる。そして、インフルエンサーの様になれる。同じになれるかも!そう思わせる事です。これが重要なんです。

つまり、商品の詳細や性能は後回しです。不要な訳ではありまん!※ここもポイント!!! 不要じゃないんです。ただ、食いつきポイントでは無いという事です。

この商品を使えばあなたは綺麗になる!可愛くなる!痩せる! となって、食いついた次に必要になるのが、『何故?』という部分。

そこで、必要になるのが、何故、綺麗になるの?何故、可愛くなるの?何故、痩せるの?とういう疑問の答えと説明です。

この順番を理解出来れば広告の効果は変わってくるはずです。 早速試してみて下さい。

ホットペッパービューティーのブログのタイトルを食いつきポイントでいっぱいにしてみて下さい。全然、PV数が変わりますよ!!!

『インフルエンサー』で乃木坂46を真っ先にイメージした方、♫ブンブンブン(^^♪♫ブンブンブン(^^♪と鼻歌を歌ってしまった方は、、、、、、、、、(^^;)


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)