【アンケート調査】美容院、お客様アンケートのまとめ [マーケティング情報]


美容室の失客理由は?!意外な答えが!?失客を減らすきっかけに出来る!

【2018年9月30日追記・更新】美容室の失客理由については、対策出来る事と防ぎようのない事があります。それでも、少しでも失客を防ぐ為に知っておい他方が良いと思います。

更に『失客を防ぐ』と考えると『悪い事をしないように気を付ける』というイメージが有りますが、失客を防ぐ為にこちらから『するべき事』『言うべき事』も分かって来ました。それはカスタマーの失客の理由や、その時の心理状態を理解できたからこそ『するべき事』『言うべき事』が見えて来た訳です。

失客と言うと、『嫌な事があった』『悪い事をしてしまった』『何が気に入らなかったのだろう?』と考えがちですが、資料にもある様にそんな事ばかりではないんです。

考え方とし手は『失客した』ではなく、『再来しない』と捕らえた方が良さそうです。

重要なポイントは!!

『もう行かない!』と思う人を減らすだけでは無くて、『もう行かない』と『また行きたい』の間にいる人、またはどちらでも無い人をいかに捕まえるかがポイントなんです。

こんにちは!WEB・印刷物取扱い【総合広告代理店】
集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町広告代理店【ワーク印刷】の“アイザワ”です。

シリーズで、リクルートさんのアンケート調査の結果から、お客様の声元に【顧客満足度アップ】を目指し、良い所を伸ばし、悪い所を改善する。 その為の『気づき』ツールになればと考えています。

人気記事
ホットペッパービューティー代理店営業マンアイザワが掲載前によくある質問よく聞かれる事についてお答えしていきます。因みにホットペッパービューティー掲載料金に関してサイトに表記する事は禁止されています。掲載料金に関しては先に住所かエリアを教えて頂ければお伝えするか、資料をお送りします。メールかDMでお知らせ下さい。

参考資料:出典元:(株)リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー調べ

内容的には、 お客様が『もうこの店には来ない』と思う内容、逆に『通い続けている理由』お店選びで『絶対外せない条件』 美容師さんに求めている事、サロンに望んでいる事、等などです。

一度にはとても、書ききれないので、何度かに分けて解説していきます。 先ずは、結果と兆候を把握し、具体的に、サロンで何をしていけばいいのかを、考えていきます。

顧客定着の為に、どんな事をすれば良いか? お客様は何を望んでいるか? その為に何をするべきか?

顧客離脱を防ぐ為に、どんな取組が必要か? どんなきっかけで『もう行かない』と決めてしまうのか?その『行かない』と決める理由は、自分のサロンは当てはまってないか? 改めて、自分のサロンを見直すキッカケとしても、役立つと思っています。

少々、長くなるので、お時間ある時にご覧になって下さい。


【 シ リ ー ズ 記 事  】


  1. 『アンケートを元に、失客を避ける為、お客様がどう考えて、どう対応するか? 何を望み、何があると定着するのか?考えていく、定義について説明。』
    ⇒⇒⇒ 【お客様の声】アンケート、調査から見る、顧記事客満足度UPの対応策vol.01
  2. 『お客様の『2度と来ないと決める理由』『お店を変えようと思う理由』についてアンケート結果から、紐解いていきます。』
    ⇒⇒⇒ お客様の声】アンケート、調査から見る、顧記事客満足度UPの対応策vol.02
  3. 『お客様の『定着している理由』何となく通っている人も多い!』
    ⇒⇒⇒ お客様の声】アンケート、調査から見る、顧記事客満足度UPの対応策vol.03
  4. 『定着理由の一番は、やはり担当者との関係性、信頼性、信用度、そして『理解して貰っている』と思える美容師の言動なんです!』
    ⇒⇒⇒ お客様の声】アンケート、調査から見る、顧記事客満足度UPの対応策vol.04

■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)