マーケティングは、全体を見据えて 意味や価値を理解して戦略的に進めないと無駄になる!


マーケティングを考え直す!! 見直す!!

コンテンツマーケティング

引用:コンテンツマーケティング

マーケティングも、次から次へと 色々な手法や名称が出てきます。 僕のスペックではとても追いつきません(^^;) 美容業界は一般企業とは少々違っていて、そういった取組みはあまりされていないのが現実です。

だからと言って、にわかに始めても、それはそれで時間の無駄になってしまいます。 その時話題の戦略やマーケティング方法を にわかに始めるより、 改めて一度立止まって 全体と先々の姿や経営方法も踏まえて 考え直してから、必要な事を絞ってから始めた方が、お店の為になると思います。

タイプや経営方法によって やるべき事、求められている事は全然違うと思います。 そこの冷静かつ、センスある見極めが非常に重要になります。

勘違いや、己(お店)を過大評価をせずに 的確にやるべき事を選べるかが重要になります。

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 【広告blog】

SPディレクター@アイザワ”です。

コンテンツマーケティング

引用:コンテンツマーケティングについて

時代に合った『コンテンツマーケティング』

最近よく聞く『コンテンツマーケティング』ですが、どういったものかご存知ですか? 幾つか定義や認識がある様で一概には言えないのですが(^^;) 僕なりの解釈で 個人的な見解をもとにご説明します。

呼び方、据え方、考え方もいくつか存在している様ですが、僕の見解としては、基本的に、WEB上で検索している人(この人を見込み客と想定)を、サイトに呼び込み、最終的に、その関連商品を売り込むという流れです。

更に言えば、元々売りたい商品、広告したい物があるんです。 最終的にそれを売る為に、その商品を購入する人に関連するサイトを作成し、さらにSEO対策をして人を呼び込むんです。

分かりますか???(^^;) テキストで説明するってナカナカ難しいですね。

直ぐに出来る訳では無いんです(^^;)

売りたい商品が欲しくなる人を、別の切り口から誘い込むんです。 その事だけでも結構レベル高いのに、サイト(ブログ記事)や、SEO的な事を踏まえれば時間もかかります。 しかしこれが出来上がれば 、理にかなった素晴らしいコンテンツになる事は間違え有りません。

美容室の集客で考えるなら、どんな感じかシュミレーションしてみましょう(*^_^*)

1⃣ 最終的に来店して欲しい
2⃣ カラーメニューを施術して欲しい
 ➡こういった人はWEBで何を見ようとするか? どんな事を検索するか? どんなキーワードで検索するか? 関連して何に興味があるか?
3⃣『2017年 夏 流行 ヘアカラー』
 ➡こういうキーワードで探すとするのは、これからどんな色にするか迷っている。
4⃣ この夏お洒落に見られたい! モテたい?
 ➡もし、モテたい人なら『異性が好きなヘアスタイル&カラー』『異性にモテるヘアカラー』の様なコンテンツは見たくなる!
5⃣ この夏オススメの、またはこの夏モテる(人気)ファッション、メイク、ヘアスタイル紹介の記事を書く!
こうした理由で、このサイト、記事に訪問してくる
そしてその先に、モテるカラーを紹介して
そのメニューの安いクーポンを用意して紹介する。
こういう研究を常にしている美容師がいるサロンの紹介等など
最終的にサロンへの来店に繋げる。
こんな、流れでしょうか(^^;) 少しは分かりましたか?
ピンポイントに見せたい物、売りたい物があっても、直接その物の事を宣伝はしないで、その商品に関連する物、大枠で関連する事を取り上げ人を集める。 最初からある程度、宣伝価値が高い人、広告効果の有りそうな人を色々な形でピックアップするんです。
少し長くなってきたので 今回はここまでにして、次回引き続き『コンテンツマーケティング』の例え話しとして、思いつく事を書いていきます。
それでは また次回!


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post