超絶怒涛 超~簡単に噛み砕いた!美容院の『マーケティング』と『ブランディング』の取組み方!


美容院の『マーケティング』と『ブランディング』

今期一押しのブランディング! 自分の中では『B.P.Mプロジェクト』と題してます。

B=Branding(ブランディング)

P=Promotion(プロモーション)

M=Marketing(マーケティング)

お店、または個人の『方向性』や『特徴』売りにする部分を決めて、それを 広める 定着させる その全てを計画的に進めるプランです。 最初はなぜこう、いった取り組みが大切かを 伝えたいのですがこれもナカナカ至難の業なんですよね~(^^;)

重要性の話しは別の記事で書きたいと思います。 今回は 検討はしているがイマイチどうするか迷っている方に、超絶簡単な考えはじめについてです。

厳密に言えば違うかも知れませんが、僕なりの見解で目的とやる事を 美容業界、サロンオーナー向きに噛み砕きまくりました!

マーケティングマーケティング ブランディング

参考資料01 マーケティングとブランディング

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 【広告blog】

SPディレクター@アイザワ”です。

空~前絶後の~~~!! 超絶怒涛の営業マン!!!では、ありませんが(^^;)ブランディングを空前絶後の超絶怒涛に簡単に言うと! 参考にさせて貰った資料01の事で、

自身でテーマや特徴、ウリの部分を決める。 そしてその事を他の人が認識している状態です。 言葉で言うと『共通の認識』を持って貰う事です。 身近で言うと 誰もが A君は『ポジティブで周りの人を元気にする人』という印象を持っている。 本人もみんなにそう感じて欲しいと思っているし、そう思われる様に行動も言動もしている状態。

無意識のうちに周りにそう思われている状態は、仕掛けていないので少々話が違ってきます。 自分から仕掛けている状態で その事が浸透している状態です。

自身でテーマや特徴、ウリの部分を決める➡ マーケティング

その事を他の人が認識している状態➡ ブランディング

最終的に決めるのは自分では無い 『他の人』が判断してきまる

いくら自分で『ウチのお店は高級店だ』と言っても、来ているお客様が『この店は安っぽい!』と感じて、そう言われてしまえば、それは失敗している状態です。 それは自分では決められないのです。

方向性は自身で決めますが、現状、そうなのか?違うのか?は、周りの人が決めるです。

なので、これから『ブランディング』について検討される方、検討中の方は、先ずは『方向性・テーマ』を決める。

そして、何をするのか具体的に決める。

その結果、まず初めに来ているお客様が共通して『あの店は○○だ』という認識を持って貰う。 そうなる様に、何をするか考える。

こういった流れになります。

何となく分かりますか? 活字、文字だけで説明するのは なかなか大変です(^^;)

最終的な『ブランディング』の目的とは!

ブランディングは長い目で経営を考える時には、非常に重要な事なんです。 1つだけではないし、1つ出来たとしてもそれは永遠とも限らない、変化も必要かも知れない。 そういった『モノ』なんですが、このブランディングされた『内容』は最終的に、来店の動機になってくるモノなんです。

この意味分かりますか? この事がわからないとブランディング マーケティングは上手くいきません。 何度でも、例え話を交えて説明しますので、???の方は 聞いて下さい。

その究極は『ネームバリュー』になります。なかなかその領域にいく事はありませんが、それ(ブランディング内容)があるから、数ある美容院の中から、その美容院を選んで来店してくれる。 それ(ブランディング内容)があるから、他より少々高くてもそのお店を選ぶ。

ブランディングとはそういう存在になるべき事なんです。

値引きをしなくても集客出来る。

値引き以外で差別化が出来る

そんな経営の為にも『ブランディング』は大切になります。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post