ブログやSNSを書いている美容師さんに読んで欲しい参考になる 記事のまとめ


ブログやSNSを書いている美容師さんに
コツを掴む為にもぜひ読んで欲しい記事のまとめ

『オススメ!参考!タイプ別 美容師さんのブログ、SNS等など
成果事例、お手本・見本!』シリーズの第2弾!!

ブログやSNSを書いて、集客や仕事に役立てようとしている美容師さんに、ぜひ読んで欲しい記事をまとめてみました。 読んで欲しい理由は、それぞれ微妙に違いはありますが、それぞれにざっくり書いておきます。

前回も参考にして欲しいか方のブログを紹介しましたが、 今回ピックアップした記事は、実際やっている方の経験談や、僕がオススメしている事と同じ事を言っている方の記事になります。

オススメ!参考!タイプ別 美容師さんのブログ、SNS等など 成果事例、お手本・見本!
美容師さんブログ・SNS等オススメ!参考!成果事例、お手本・見本! タイプや理由は違いますが、色々な面で 見本、お手本になる、美容師さんのブログです。 どんな効果をどの程度受けているのか、はたまた成功しているのか否かも、ハッキリ分っていませんが(^^;)僕が個人的に『良いな』と思ったブログです。この地道な継続!

オススメ!参考!タイプ別 美容師さんのブログ、SNS等など 成果事例、お手本・見本!

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店の【広告blog】

リピーターの多い人気店をプロデュースする男
SPディレクター アイザワ@です。

経験談と求められている内容について

今回紹介する記事は、前回の紹介記事とは少々違って、成功しているブログを見て貰うというより、『美容師ブログの経験談』の部分と、『今、美容師のブログに求められてる事』についての他の方の意見です。

僕が言っている事と同じ内容を、他の方も書いているよ!という紹介でもあります(^^;)

今、理解できなくても やり続けると分かって来る事もある

1つ目は

こんばんは!京王線千歳烏山駅にある カットが上手な再現性サロン MaNOの 「綺麗な頭の形を作るボブ」が得意な、 フォルムマスター店長サイトウシローです! 再現性カットとは?   ...

この方は美容師さんです。 特に読んでほしい部分は、太赤字の部分です。

今日は、自分が少しブログを継続して来て改めて始めの頃に教わった事を復習した事で、改めて腑に落ちたと言うか、理解できました。

書き方のことだったり見る人の目線だったり。。

何回かうける講習って、最初の方の事って聞いてわかってるか(気?)になるんですが、ほんとにわかる時って一年くらい経った後だったりします。

しかも、自分がそれについてしっかり考える事、行動する事を継続した時にしか見えません。

一部抜粋・引用:MaNO | Lmano『アナデジセミナー最終回の学び』

簡単いえば、『初めの頃に聞いた事を 改めて今聞いて、改めて腑に落ちて、理解できた』『始めの頃は、言ってる事は何となく分かるが、時間が経つと本当に分かるし、実感がある』と、いった所でしょうか。

色々話している中で『ホントかよ!!』って思ったり、『そんな調子の良い事いわれても』と思うかも知れませんが、全てでは無いにしても 幾つかは時間が経った時にはじめて理解できるたり、納得できる事もあるんです。

そんなことを、実際ブログを書いている美容師さんが言っている現実感のある内容です。

『個』の力が これからの『伸びしろ』(´艸`*) by じゅんいちダビットソン

本田圭佑を真似するじゅんいちダビットソンのように(´艸`*)

2つ目は力

こんばんは、 幸せサロン育成コーチのげしあゆみです。 #サロン #美容室 #新規集客 #スタッフ #個人クーポン #個人集客 知ってた? スタッフの個人集客で、俄然上がるモチベーションとリ...

これからはお店、メニューの集客だけで無く、個人の集客力も重要になるし、その為に『個人』の肩書やウリも重要になるという話し。

やり方は様々ですが、コンサルのクライアント様にはまずこの3つからスタートしていただきます。

1 自分キャッチコピー・自分メニュー
2 SNS発信
3 媒体(HPBクーポン、minimo)
さらに、予算があるサロンさんには、スタッフが欲しいターゲット別のチラシやリピートチケットなどの販促物もつくってもらいます。

一部抜粋 リピート率90%サロンの開業・集客・経営|幸せサロン育成塾  『知ってる? スタッフの「個人集客」で、俄然上がるモチベーションとリピート率』

自分の得意な事や自信のある事を具体的に分かり易くアピールする為に キャッチコピー、肩書気を付ける事。 これは、僕も推奨していて、改めて『プロフィールページ』の作成もススメています。

これも、僕の一人よがりでは無い事(^^;)  僕一人では説明しきれていない事の補充の為にも見て欲しい内容です。

自分メニューも 具体的に分かり易く

「自分キャッチコピー」も「自分メニュー」もつくりかたのポイントはいつもの3つです。

「誰に」「何を」「どのように」

こう、書かれていました。

この、ポイントの3つに関しては、記事その物や、さらには『タイトル』を決める時にも考慮してほしい事ですね。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post