【『技術がよければ、接客がよければ お客様は来てくれる』は思い込み】という記事を見て!


技術が高くても 再来しない理由を理解する、考える

『良い仕上がりだったのに』『仕上がり満足して帰ったのに』『何の問題も無かったのに・・・』等など、 上手くいったと思っていても、結局再来しない、リピートして貰えない。。。 そんな話しよく聞きます。

なぜ?! 何故?!

でも、その理由って、『謎』のままにしないで、少し取組むと大きな変化に繋がる場合もあります。と、以前から思っていました。

今回は、FBで見かけた、げし あゆみさんの 記事を紹介します。

再来、リピート、さらに定着率アップのキッカケや参考になるかも知れないので、ぜひご覧下さい。

#サロン #集客 #思い込み #価値をつたる #価格で集める 「技術がよければ、接客がよければお客様は来てくれる」は思い込み 私が開業したての頃は、お店を出せば(オープンすれば)お客様が勝手に来ると思ってました。 本当にいい技術があれば、 センスのあるデザインが描ければ、自然とお客様が集まって来る、と

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店の【広告blog】

リピーターの多い人気店をプロデュースする男
SPディレクター アイザワ@です。

『ファン化』『指名される』って 凄い事だよなー!

ここで書かれている事は、職人系の技術職の方、実力主義の職業には『あるある』の事です。 間違えではないけれど『それだけでは駄目!』という点が この記事に共感した部分です。

『お客様が喜んでくれれば』『仕上がりが良ければ』 勿論それは大切、重要、欠かせない事です。 技術の提供だけでは、仕上がりの良さだけでは、作品の提示だけでは、 それだけでは足りなくて、上記に書いたように 上手くいったのにリピートしないっていう現象になるんです。

では、何が必要なのか???

そういった事が、この記事に書かれていました。 これが全てではないと思いますが、再来して貰えない、 理由も分からず対処が出来ない状態なら まず試す価値は大いにあります。 そこから色々広げられる筈です。

技術以外に高める必要のある事とは?!

しっかりとした技術力は必須です。 それはある前提で選ばれるにはどうするか?

対象の相手、ターゲットとしては、

  1. 来る前のお客様に対して
  2. 一度以上来た事がある方に対して

来た事のある人には、施術も出来るし 技術力を見たり、感じて貰えますが、来る前の人には 実際の技術はできないので 写真や言葉で伝える事になります。

ココに一つ目の落とし穴があって、これは個人的な見解なんですが、➋の来た事があるお客様、施術をしたお客様でも、良い仕上がり、高い技術提供が出来ても、それだけでは不十分なんです。

それはなぜか分かりますか?

そして、❶の来る前のお客様に対しては『良さそう』『上手くいきそう』『この人なら』『このお店なら』と、感じて貰う事が重要になります。

その為に何が必要か?? ➋の場合も同じ何です。 要は『伝える事』『伝え方』来てくれた人、これから来る人に

『しっかりと伝えたい事を伝える。しっかりと相手が受け止める』

これです。

実際に良いかどうかではない、「良さそう」だからお客様は来てくれるからです。

私が集客のために磨くべきだったのは、技術やセンス以上に「良さそう」と思ってもらえる「伝え方」だったんですね。

紹介記事にもこう書かれています。 『良くないのに良さそうに見せる』という訳ではないです。 ただ、良い事を適当に書くだけはほぼ詐欺です。 『良さそう』と思って貰える、感じて貰える工夫が大切という事です。

案外言った側は『伝えた』と思っていても、聞き手に『伝わった』とは限らない。 『伝える』=『分かる・理解する』にならないと意味がない。 出来が良いだけでは、ダメでは無いが不十分、足りないんです。

そういった事です。 特別な事でも、難しい事でもないんです。 そういう事が必要かどうかを知っているか 知らないかだけの違いです。

今回、紹介した記事を読めば、その事を知る事ができます。 知らない人に差を付けるチャンスです。知らない人より先に、再来率、リピート率を上げて 一歩先に進めます。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post