『SEOのよくある間違い6選』という記事を見て! SEO対策は基本から見直しましょう!


『SEO対策』は小手先では出来なくなっています!

ホームページ制作もしている関係で『SEO対策もしてくれるの?』とよく聞かれます。 恐らく検索結果の順位を上げたい、検索結果上位に表示されるホームページにして欲しいという意味だとは思いますが、、、、

根本的にSEO対策は考え直さないといけません。

これまでのやり方や方法では、どうにもなりません。 『SEO対策』の前に、誰に読まれたいか、何を探している人の目に止まりたいか、キーワードは? そういった事を決めた上で、運営方法を決め、費用、コストを決め、検討しないと、広告として役にたちません。

そのあたりの、僕個人の見解と合わせて、この記事を参考にしてみて下さい。

キーワード出現率(Keyword Density)や被リンク、インデックス数のSEO効果などは日本だけでなく海外でも度々話題になるテーマです。今回はそれらに加え、よくある勘違い6つのSEOの勘違いテーマご紹介します。

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 SPディレクター【広告blog】

リピータの多い人気店をプロデュースする男 アイザワ@です。

SEO対策は非常に重要ですが、、、、 変化に対応したSEO対策を!

SEO対策はホームページやブログも記事も、掲載しているサイトも見てもらう為には非常に重要です。 でも、ひと昔前のような、小手先の素人SEO対策レベルでは、たかが知れています。 しかも、今知っていると思っているそのSEO対策も、今現在有効かどうかも怪しい所です。 その位、早く変化と進歩をしています。

根本的に考え方を変えないと、今後ホームページの価値が無くなってしまします。 それではもったいないし、意味がない。

永遠に自力集客なんてできません。

中途半端にブログを書くくらいなら!?

ただ、最近思うのが、ブログ、ワードプレス、更新頻度が多い方が良い、記事の文字数が多い方が良いとかの噂に、ブログや記事アップをしているサロンもいますが、正直、中途半端になっている場合は、もったい無い気がします。

さらに言ってしまうと、逆に考えて

『ホットペッパービューティー戦略』を徹底した方が、絶対得策だと思います。

現状は、その方が間違えないと思います。

先々、数年後は、分かりませんがその頃には、ブログやワードプレスとは違う何かが存在している気がするし(^^;)  やりたくてやる分には 効果もあるし、有効的だと思いますが、 たいしてやる気が無い場合や、やりたくないなら、一旦止めた方が得策だと思います。

ホットペッパービューティー戦略の徹底!

これは変な意味や嫌味に言っている訳ではありません。 現状一番集客能力が高く、優れた機能有しているホットペッパービューティーに掲載しているなら、先ずはそこで最大限集客を徹底する方が色々『得』が多いとう事です。

ホットペッパービューティーには、今現在美容室の集客に必要とされるコンテンツが全て詰まっています。 それをすべて使って、コツを掴んでから実行した方が得策です。

これは本当に思います。 でも、なかなか通じないのが歯がゆいですが(^^;)

ホットペッパービューティーロゴ01

ホットペッパービューティーロゴ01

先にも書きましたが、SEOとか考える前に

『SEO対策』の前に、誰に読まれたいか、何を探している人の目に止まりたいか、キーワードは? そういった事を決めた上で、運営方法を決め、費用、コストを決め、検討しないと、広告として役にたちません。

この事を考えのして、まず、有料、お金を使っている『ホットペッパービューティー』を最大限に生かしましょう。 その流れで、ホームページに移行するのが自然の流れだと思います。

今回紹介する記事は結構前のものですが(^^;)

考え方として見てみてはいかがでしょうか?

参考 紹介記事

キーワード出現率(Keyword Density)や被リンク、インデックス数のSEO効果などは日本だけでなく海外でも度々話題になるテーマです。今回はそれらに加え、よくある勘違い6つのSEOの勘違いテーマご紹介します。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post