『リピーター』『指名』『顧客』を増やすのに重要な事と、やるべき事!


大事な事は、コミュニケーション、伝える事、伝え方

最近FBで繋がって貰った方のブログの紹介です。 サロンオーナーでは無い僕が見ても参考になる事ばかりです。 毎回参考にさせて貰っています。 しかも、考え方や重要だとピックアップする事が近い事が多くて 非常に共感しています。

僕も『リピータの多い人気店をプロデュースする男』と、銘打っていますが、その内容、重要になるのは、今回のげしさんと同じで『伝える事』『伝え方』だと思っています。

基本中の基本のコミュニケーションの『言葉で伝える事』で、気づきさえすれば誰でも出来る事なんです。

リピーター、指名を増やすには、技術力・センス、接客力、さらに相性ももちろん必要不可欠ですが、お客様が最終的に決心する瞬間、キッカケはそれだけではないんです。

しかも、この事に気づいて無い方がほとんどなので、しっかり理解して意図的に実践して見て下さい。

紹介記事

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 SPディレクター【広告blog】

リピータの多い人気店をプロデュースする男 アイザワ@です。

しっかり伝える重要性! 想いも、理由も、ちゃんと言葉で!

施術がカウンセリング時に話していた事そのままも、話していた事と違う事も

そうした理由も、そうしなかった理由も

出来る理由、出来ない理由

やる理由、やらない理由

オススメする理由、オススメしない理由

等など、全て。

施術側の『見れば分かる!伝わる』はダメ!

技術職系、技術者に多くありがちな事ですが、『出来上がり(仕上がり)を見てくれ!』『言葉少なくてもどうだ!』みたいなのがカッコいいとか、職人技術とかって。

確かにそれもあるんですけど、それだけは伝わらなくて、でも、リピートや指名には不可欠な事があって、それを言葉で伝える事が非常に重要になります。

今回紹介したげしさんの記事内には『思い』について書かれています。 これも、改めて言葉で伝えないとイケない事です。

技術やセンスはもちろん重要だし、人柄も大事です。

でも同じようなスキル、似たような接客のスタッフなのに、指名が多い・少ないってありませんか?

もしくは「なぜ自分に指名がつかないのか?」わからない方。

リピートや指名に重要な事は?!

この記事では、技術、センス、接客、人柄、相性の他に、思いを伝える事が書いてあります。 その例文も書いて有るので引用させて頂きます。

想いは言葉にして初めて伝わります。
まずは、伝える項目として

お客様への思いをどれだけ伝えているか?チェックしてみてください。

  1. お客様がお店に入った瞬間、ご来店いただけてどれだけ嬉しいかを伝えている
  2. 自己紹介をする時、お客様への思いやどんな気持ちで施術をさせてもらっているか、を伝えている
  3. カルテを書いてもらう際、「何のために」書いてもらうのかを伝えている
  4. カウンセリングの前に、「何のために」カウンセリングをするのかを伝えている
  5. 施術に入る前、どんな想いでお身体をお預かりしていくかを言葉にしている
  6. 施術中、どんな心を込めているかを伝えている
  7. 施術後、どんな想いで施術をしたかを伝えている
  8. お見送りの際、次に会えることを心待ちにしていることを伝えている

これらの項目の実例として下記のように書いてありました。

私のサロンでは、こんな風に”このタイミング”でお客様への「想い」を言葉にして伝えてね、と決めています。例えばこんな一言

  1. 「○○様にお会いできるのを楽しみにしていました!お目にかかれてとても嬉しいです!」「ようこそ!お越しくださいました!お足元の悪い中、ありがとうございます。寒かったでしょう?」
  2. 「本日担当いたします○○です。□□様にとって、これが最後のダイエットとなるように一生懸命サポートをさせていただきます」「○○様にとって最近で一番リラックスできた、って言ってもらえるようなお時間にいたしますね!」
  3. 「○○様の大切なお体をお預かりしますので、今のお体の状態を、詳しくご記入をお願いいたします」
  4. 「○○様のお悩みを解決したり、こうなりたい!を実現できるように、お話を聞かせていただけますか?」
  5. 「○○様の髪の毛が見違えるほど、元気に美しくなるようにカラーをしていきますね」
  6. 「私、○○様のネイルができて、本当に幸せです」
  7. 「今日は、このダメージを絶対なくすぞ!と思って愛を込めたトリートメントをいたしました」
  8. 「また来月、素敵な笑顔の○○様にお会いできるのを楽しみにしていますね」

引用:リピート率90%サロンの開業・集客・経営|幸せサロン育成塾 『指名がどんどん増えていくスタッフは「○○を伝えてる」』

『見ての通り』『見ればわかるだろう』『伝わるだろう』はダメ

そんな事言わなくても伝わるだろうとか、見れば分かるでしょうとか、イチイチ言う方が恩着せがましいとか、その気持ちも分からなくないのですが、こういう事って、接客やコミュニケーションにおいては大切で、接客以外でも、社内でも、時にはプライベートでも大切な気がします。

しかも、僕はプライベートでは出来ていない気がします(^^;)

こういった事を口にした時に起こる事として

一読すると「キザ」に聞こえますか?

「嘘っぽい?」騙されたと思って、お客様の目を見て言ってみてください。

びっくりするくらい、喜んでくれます。

とっても素敵なはにかんだ笑顔が返ってきます。

これも、リアルな話しのように思いました。 こう言われて、多少『またぁ~』とは思っても、嫌な気はしないでしょうし、照れくさくてこうなりますけど(^^;)

げしさんの『想い』を伝えるという事と、あと一つオススメの伝えるべき事があるのですが、これは完全に僕の持論です。

『言葉にして伝える』『口に出して伝える』

『言葉にして伝える』『口に出して伝える』という、ごくごく当たり前の事ですが、何を伝えるか?、なんて言うか? を、改めて考え直してみても良いと思います。

美容師さんもそうですが、職人気質の人は、仕上がりが良ければ、言葉少なでも喜んで貰える、つまりリピート、指名して貰えると考えがちです。

しかも、その出来の良さ、仕上がりの良さの精度を上げる事こそが、指名、リピートアップだと考えがちですが、実際はそれだけではないんです。 ある一定のレベル、一定の仕上がりや出来栄えを超えていれば、それ以上の微妙な違いはむしろ、一般人には分かりません。

それよりも、 その後の再現性、自宅でのスタイリングの良さともう一つが重要になります。 しかも再現性やスタイリングはその場では分かりませんが、もう一つの事は、施術後直ぐにハッキリ分かる事なんです。

この人がやってくれたから上手くいった!『人の価値』

それこそが『言葉で伝える事』なんです!!!!

何を伝えるのかは、次回改めて説明します。 簡単に言えば、上手くいった理由、仕上がりの良いスタイルに出来たのは、この人の『この技術』『この考え』だから出来たんだと思って貰う為の『言葉』です。

つまり、上手くいったのは、この人がやってくれたからである。 担当美容師さんの価値をしっかり把握して貰う為の『言葉』です。

その事が伝わる言葉を考えて、コミュニケーションを取りましょう!!


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post