BLOG

お店の『コンセプト』を考えて ブランディングやプロモーションをした方が良い!

175 views

先ずは!お店の『コンセプト』を決めてから!!

今現在、美容室のマーケティングはレベルアップを迫られていると感じています。 今までの様に、無計画、どんぶり勘定、何となく、、、、だけでは、お店が繁盛しない。

美容に対して意識の高いお客様に選ばれない。 つまり、美容に価値を見出している人に選ばれず、結果的に安いメニューしか売れない。 なぜか???

今までの様な、小手先のキャッチコピーやお店の売り文句では、見ている側はそれが本当か?広告用の言葉なのか? 見極める事を意識しています。見る側の目が肥えてきている! レベルが数段上がっているんです。

つまり、本質的な部分を追求していかないと 人気店、繁盛店にはなれません。 その為にも今一度『サロンコンセプト』を見直し、対策を練るべき時が来たと!考えています。

 

少しでも早く その事に気づき、少しでも周りのサロンより早く始めましょう! そんな話しです。

人気サロンプロデューサー アイザワ@

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店の【広告blog】

リピーターの多い人気サロンをプロデュースする男
SPディレクター アイザワ@です。

広告だけ調子の良い事言ってもすぐバレるって事です!

広告に限らず 求人もそうですが 以前のように調子の良い事テキトーに書いてても、見透かされるし、すぐばれるって話です。口コミも、SNSもあるし。 情報はすぐ拾える時代ですから。 今でも『目立つ良いコピー適当に書いといて!』とか『目に留まる、斬新なコピー考えといて』って昔ながらに言われる事ありますが、今どきそれじゃ この先ヤバイですよ!って心でつぶやいてます(^^;) そもそも、そんなのあるなら俺が教えて欲しいは!!

目立つかどうかは別としても、こういう場面で、『アピールできる事』の一つや二つは用意しないとイケないと思います。 お客様に対しても、求人で学生に対しも。

これまで、そういうのが無さ過ぎたんです。 経営者は、はっきり言えた方が下の人もついて行きやすい筈です。

コンセプト=どんな店にするか?

まずは、【コンセプト=どんな店にするか?】これでしょうね。 本来、この事を軸に、内装やデザインも決める筈なのに、大体の人が、予算とこだわりと自分の趣味嗜好で決めてるんです。

後から、店のコンセプトを決めます。 価格帯、客層も。 客層を狙ってそこに店を出すのではなく、行ってから決める事が多いですね。

スタッフ、人材選びも、服装や接客も、小物や装飾も コンセプトに合わせて統一していきましょう。 順番なんてこの際、今さらどうでもいいので! とにかく、違和感を生まず、統一していく事に専念します。

次に、ブランディングとマーケティングとプロモーションです

軸が決まったら、ブランディング、マーケティング、プロモーションを考えます。 本来は広告屋の僕はここから出番です。

ホットペッパービューティーの掲載は、現状美容室の経営に外す事はありえません。

気になる掲載料金やお得情報はこちらから!!

次に、ホームページです。これは急ぐ必要があります。 でも、色々しっかり決まる前に作ってしまうと、変更にお金がかかります。だからと言って しっかり決まるまで待っていては集客も求人も悪影響がでます!

そこでご提案するのが『いつでも直ぐに始められて! いつでも直ぐに止められる!ホームページ』をご提案しています。 しっかり決まって、製作が仕上がるまでの間、使って貰うホームページです。 仕上がり次第そちらに移す事ができます。

楽ホム

楽ホム いつでも直ぐに始められて! いつでも直ぐに止められる!

全体的なお店の構成と構築ですね

すこし前の記事でも書きましたが、言ってる事とやってる事、準備してる事がしっかりリンクしてないと真実味はありません。信用が薄れます。

例えば、『スタイル提案が得意』『似合わせスタイル』と言うのなら、

様々なタイプのスタイル写真は多めに欲しいし、『○○な人には△△がオススメ』『○○にオススメ!!誰々風(有名人とか)スタイル』とかのコメントも欲しい。 そういうのが全然ないと、ホント?って思っちゃいます。

あとは、ショートカットが得意とか書いて有りながら、スタイルギャラリーが 巻き髪のスタイルしかないとか

アップセット、アレンジが得意と下記ながら、その手の画像が一切載ってないとか

 

これじゃ意味ない! こういった事を避ける為に、CMS機能をホームページにつけたり、ブログでアップしたり、SNSを活用する訳ですよ。

『思い通りのヘアスタイルを叶える美容室』というコンセプトの美容室にするなら!の、ご提案です。

つまり、言ってる事、コンセプトが決まったら、それに伴う事を考え準備する訳です。 そうする事で 内容の真実味が高まり 来店確立が高まるわけです。

連動性のある広告を構成しないと無駄が増えるだけ!

このように、連動性や一貫性を考えずに、バラバラに色々考えるから、最近の美容室の広告は上手くいかず、結局ホットペッパー頼りになるんですよ。 もったいないサロンもたくさんあります。 色々考えて、色々やっているのに 上手くいかない、空回り状態のサロンさんは、上記の様になっていません?

あれもこれもとか、あれ評判良いからやってみるとか、誰かが上手くいったらしいからとか、そういう理由だけで何かを始めるのでは無く、全体像を決めて、その事が上手く浸透する為に何をするか 考えてみてはいかがでしょうか?

時間も手間もかかりますが、先々重要になります。

時間も手間も、時には費用も掛かりますが、将来的に考えれば 非常に重要です。 今から少しでも初めてみませんか?

少しでも早く、少しでも他社より先に!

即効性のホットペッパービューティーと、晩成型のオウンドメディア 両立出来れば最強です!!

 

アイザワ@

はじめまして!アイザワと申します。1973年6月神奈川県鎌倉市生まれ。丑年ふたご座のB型 お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、@アイザワまでご連絡下さい。