記事の中に 個人の『見解』『感想』を入れた方が ブログも個人も 価値が上がると思います!


個人の言葉とブログの存在価値を上げる為に!

仕事をメインとしたオフィシャルブログであれば、プロとして、発する言葉や意見自体の価値や信憑性、信用度を高める必要性があります。 その大切さと、そうなる為の方法を考えようと思います。

自分の言葉の価値を上げる!これも『ブランディング』です!!

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店の【広告blog】

リピーターの多い人気店をプロデュースする男
SPディレクター アイザワ@です。

ちょっとした意見も、素人からすればプロの意見!

何気ない言葉の中にも、プロとしての意見や見解って含まれてるものです。 あなたにとっては何気ない会話の中の感想だったり、 他の商品との比較だとしても、素人からすれば『特別なプロの意見』になる事があります。

だからこそ、『髪』に関しての事を 美容師さんが書くと、素人は『アテ』にする訳です。 これって非常に重要な事なんです! 無意識に出来ている人のブログは、人気が出ます。読者が増えたり、リピーターやファンが増えます。

逆に上手く表現出来ていない人は、同じ事を同じように記事にしても イマイチ、ファンが増えないんです。

その差は何か?

これは、くっきり、ハッキリ 分かった方が 今後、間違えなく、役に立ちます!

理屈では無く 感覚的な事 経験上の比較!

詳しい部分や詳細の事より先に、『プロの目』『プロの感覚』の部分を先に伝えると、伝わりやすい。 これは、すべての人に該当するかは分かりませんが、人気の記事や検索結果の上位に出てくる記事を読んでみると、多く見られる現象なんです。

例えば、

『今まで使ってきたカラー材と比べて』とか『○○社の△△カラーと比べると』とか『通常のカラー材と比べると』とかとか、 具体的な数字や詳細の前に、個人の感覚的な事を書いた記事が多く存在しました。

あとは、『個人的には』とか『個人的な感想(意見)としては』とか、あくまでもその人の主観的な、意見、感想が書かれていました。

そういった感覚的な物があって、その後に、その理由やそうなる背景、その裏付けとして、詳しい情報や詳細や素材についての内容が書かれています。

読まれる理由、好まれる理由

そういう書き方、伝え方が好まれる理由は何なのか? 僕なりに考えてみました。

1、求めてる事と内容が分かりやすい

2、同じ感想を抱くと共感して貰える

3、口コミの様に、リアリティが高まる

そして、書く順番も重要で、初めに『結果』そのあとに、その理由を書くんです。

分かりやすく例えると

例1 良い例

個人的には、このカラー材は アッシュ系に関しては他のカラー材よりも発色が良いと思います。 その理由は、○○○○だからだと思います。

例2 良くない例

このカラー材は、○○○○なカラー材なんです。 なので発色が良いんです

例3 最悪な例

このカラー材は発色が良いです。

何となく、伝わりますか?

今どき、一般的な解説や説明は、広告でもネットでも 調べれば 今時いくらでも見つかります。 そういう記事や広告では無く わざわざプロのブログや記事を見たがっている人、探している人は、

プロのあなたの率直な感想を求めています。 ブログに関しては、とくにそうです! なので、あなたの、個人の見解、意見、感想を、ぶっちゃけな感じで 書き込んでみて下さい。あなたのブログに求めている事は、1人のプロとしての見解を聞きたい、知りたいと思ってるはずです。

詳しい解説や詳細の説明は、興味を持った後からで 良いんです。 先ずは あなたのプロの意見、個人の感想で 興味を持ってもらう事を考えましょう。

うまくいかない時は、『プチペルソナ』を設定して、その人に向けてその人にオススメな理由を話してるつもりで、書いてみて下さい。

個人の意見、感想や、こだわりが書いてあると、そこには様々なプラスαが発生する可能性があります。

それこそが、あなたの言葉の価値を高めたり、あなたのファンを作ったり、あなたの書くブログの存在価値を高める事に繋がります。

その結果、ブログもホームページも書いている人もお店も価値が上がる訳です。 そうやって『ブランディング』しながら、色々な価値を高める様にしていきましょう。


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post