BLOG

雑誌『Ane Can』休刊の理由が、今さら?!な、感じがしてしまった💦勿体ないなぁ~!

134 views

こんにちは!【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする日本橋人形町広告ディレクター“アイザワ”です。【広告blog】

美容院・美容室を中心に広告物を取扱っています。 サロンの経営スタイルや方向性等を考慮して、それぞれに合った、『最適な広告』をご提案する事を心がけています。

『Ane Can』が12月号で休刊

女性誌の『Ane Can』が12月号で休刊というニュースを見ました。

引用:WWDJAPAN.com https://www.wwdjapan.com/business/2016/08/10/00021215.html

引用:WWDJAPAN.com  https://www.wwdjapan.com/

勿体無いと思いませんか?!

CanCamが休刊ではありませんが、海老原さん押切さんを始め、雑誌その物も、出ているモデルさんも、ネイムバリューだけでも、凄いのに。何とかならなかったんですかね?勿体なくないですか? この手のファッション雑誌は、美容院、美容師さんとは、切り離せないですよね? この雑誌に出たとなれば、ちょっとしたステータスになりませんか?

単なる、ページ買取の広告には、1ミリも興味ありませんが、記事内に出たとなれば、『認められている』と、読者も感じそうな気がしますが。。。。

理由が納得いかないんだよなぁー

しかも、その理由に 『販売部数や広告収入の低迷が影響し、収益が悪化していたという。』と、書かれていました。 今どき雑誌の広告収入って、期待してたんですかね? 雑誌に通常の広告を載せる事は、効果も魅力もない事は、何年も前から分かってた事でしょ?!

勿論、それだけの理由ではないと思いますが、収益の低迷が理由なら、もう少し何とかなりそうな気がするのは、僕だけですかね? これだけの『ブランド力』『ネームバリュー』を作るのって、相当大変ですよ💦

WEBの台頭で、色々厳しい事はあると思いますが、実際、本屋へ行って、買う人もいるし、こういった雑誌に載りたい人も沢山いるし。 変化への対応や、工夫をすればいいのにと思ってしましました。

それはそれで、非常に大変な事なんですけどね(^^;) 言うだけなら簡単ですよね。分かってます。 僕ごとき一人では何ともできないとしても、あれだけの大手会社であれば、と、思ってしましました。

全ての変化を受け入れないと

変化に対応せずに、終わる事、消える事は身近でも見てきました。 頭では、どうすればイイのか、どうすべきか、分かっていても、実際は大変ですよね。 その大変な事をして、続けるか、断ち切って、新しい事やるかの選択が重要です。

一番最悪なのは、自分は何もしない、したくない、でも、勿体ないからと、誰かに責任擦り付けて、誰かのせいにして、自分は口だけで、誰かにその大変な事を押付ける。 それじゃ、行きつく先は見えてますよね💦

話しそれましたが💦 今回の、『広告収入』って所に、大きな疑問を感じました。 同じコンテンツだとしても、収入、利益の取り方は、時代に合わせたり、変化に対応品と、長続きはできません。

ファッションやショッピングも『TGC』が、人気になってから、大きく変わりました。 奇抜なデザイナーのイメージ戦略では無く、今すぐ買って自分も着れる服を、モデルさんが着ている。

広告のスタイル写真も、イメージ重視だったのが、現実的な髪型のほうが、指示されています。

雑誌の広告も、ブランドのイメージ広告型だけでは無く、もう少し、今の時代に合った、販売効果や販売促進に力を発揮するような、ページやコンテンツを構築していれば、まだまだ、広告収入も見込めたのではないかと、考えてしまいます。

色々な理由で、価値が下がってしまったのなら、現実を受け入れ、そこに、しがみ着くのでは無く、新しい形を作っていく事は必要なんだなと、改めて感じました。

アイザワ@

はじめまして!アイザワと申します。1973年6月神奈川県鎌倉市生まれ。丑年ふたご座のB型 お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、@アイザワまでご連絡下さい。