BLOG

【低価格化防止策】売上げ・単価アップは『価値観』の見極めから!

157 views

こんにちは!【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする日本橋人形町広告ディレクター“アイザワ”です。【広告blog】

美容院・美容室を中心に広告物を取扱っています。 サロンの経営スタイルや方向性等を考慮して、それぞれに合った、『最適な広告』をご提案する事を心がけています。

売上げアップの為には

サロンの低価格化や価格破壊が言われていますが、 売上げ、単価とも、上げていく為に何か対策はしていますか? とくに、ホットペッパービューティー掲載において、どうしても他店との比較によって、価格を下げざるを得ない状況もありますよね。

売上げを上げる為にどうするか? 来客数を増やす?単価を上げる? 今回は、単価を上げる計画のご提案をしたいと思います。

単価アップ対策!ターゲットについて

ターゲットと言っても、『見極め』が必要になります。 見極めるのは、美容に対しての『意識』の部分です。 以前、リクルートのアンケート資料を元に書いた記事の中でも紹介しましたが、 美容院に行く事自体や髪のお手入れ、スタイリングに対しての考え方の違いを見極める必要があります。

【美容院売上アップ】美意識の高い女性が求める事は!!

※美意識、関心の高い方が、美容院に求める事、望んでいる事等参考にしてみて下さい。

興味や意識が高い人と、興味も無い、意識が低い、そもそも行く事自体を無駄な時間と考えている人。 勿論、興味があっても金銭的に出来ない方もいるでしょうが、ここで、アプローチ方法が変わります。

参考資料:出典元:(株)リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー調べ

参考資料:出典元:(株)リクルートライフスタイル ホットペッパービューティーアカデミー調べ

興味、関心が高ければ!

まず、1度の来店時に支払う金額(単価)を上げる場合は、興味、関心が高い人は、本当に良いと思えば、少々の金額アップを苦とは感じない筈です。 正直、キレイになれる、可愛くなれる可能性を感じたら、少々の金額アップを受け入れるでしょう。

関心の低い人には、美容院に来る価値を

逆に、興味、関心が低い人、美容院に行く事自体無駄な時間と思うタイプの人は、1度の支払い金額を上げる事は『至難の業』になります。 この場合は、美容院に行く事自体の価値を上げる事、そして、単価はそのままで、来店頻度を高める方向を目指しましょう。  その方が現実的だと思います。

金銭感覚より、価値観を重視

美容にかける金額の、高い、安いは、価値観によって大きく変わると思います。 関心の高い人からすれば1,000円2,000円は、そう、高い物では無い筈です。 しかし、関心の低い人からすれば、100円だって無駄に感じる事でしょう。

これは明らかに、収入の問題では無く、価値観の違いです。

『キレイ』『可愛く』なれる、異性に『モテる』と、感じる事ができたなら、多少の金額アップは、全然しますよね。 または、髪の気にしている事が解消されそうと感じても、同じですよね。

そういった事に関心がある人、治したい、解消したい事があるなら、そういう価値を感じさせる事が出来ればいい訳です。

そう、感じさせる為の手段は幾つかありますが、その手段の一つが、ブログになる訳です。 記事として、色々発信するのです。

まとめ

ホットペッパービューティーの集客においては、ある程度金額を下げる事は仕方ない部分もあると思います。 そこは少し分けて考えてみて下さい。

重要な事は、『見極め』だと思います。 すぐには分からないとしても、価値観、美容への意識を常に探って、対応を判断してみて下さい。

ターゲットは、性別や年代だけではありません。 こういった分け方も検討してみて下さい。

アイザワ@

はじめまして!アイザワと申します。1973年6月神奈川県鎌倉市生まれ。丑年ふたご座のB型 お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、@アイザワまでご連絡下さい。