BLOG

美容師さんが書くブログのかたち! 内容がしっかり伝われば 集客に役立つ筈です!

274 views

東川口で活躍している美容師 兼 ブログライターという肩書の『渡邉 佑典さん』のブログです。 実際お会いした事はないのですが、FBを通じて繋がっています。 美容師さんが書くブログの中に、こういう内容はあるべきだと思います。

これから始めて行く人からすれば、とても参考になるし、『行ってみよう』『頼んでみよう』『任せてみよう』って、いう気になると思うんですよね。 説明もあるので、同じ事で困ってる人や、こういう内容を探していた人には最適な記事だと思います。

新規でご来店されたお客様が他店でされた対応に笑った

訪問ありがとうございます(^^)

【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店 【広告blog】

SPディレクター@アイザワ”です。

サロンワークの話しや お客様の髪の話し等のエピソード!

渡邉さんのブログは、実際お店で起こった事や、お客さまとのエピソード、施術の事、ビフォーアフター等、リアルな物が多いんです。 でも、その内容と検索者の内容が一致すれば、良い事間違え無しです!! 同じ事を解決してたり、納得の理論が書いてあれば、集客にだいぶ近づきますよね。

ブログは色々な用途を満たす事があります。以前有名美容師さんは、そもそもブログは、アフターフォローの為、小マメに書いていたいと話してました。

今回の場合、多くの方(素人)が同じ様な事を言われると、同じように捉えて、同じような事考えていそうだから、という内容になっています。

最初に会う前に 信用度が上がって 期待値も上がる!!

こういった、ブログを読んだ人が『なるほど』『そうなんだ』と思えば、著者を一目おくでしょう! ブックマークしてくれるでしょう!『この人なら!』って思ってもらえるでしょう。 ハードルは上がると思いますが(^^;) すごく良いですよね!! こういう事が『自力集客力』『ブログ集客』です。

この次に重要になってくるのが『関連記事』なんです。 僕的には直接関連してなくてもいいと思ってますが。 要するに美容師さんのブログなら、 スタイルや髪の悩みに対しての記事やタイトルが表示されていれば、完璧です!!

関連記事 等、表示される『タイトル』は重要です。

こうして、訪問してくれた人が、関連した別の記事を読んでくれて いくつかのページを見てくれたなら、見込み顧客として かなり高い確立になると思います。 これって重要な事で、滞在時間が長い事や、PV数が高いという事は、 非常に良い傾向です。

書いてる方も 非常にうれしいです。 手ごたえってやつを感じると思います。

そうなる為にも、魅力的なタイトルの記事は増やすべきです。 そして、そういう人達を捕まえる、そういう人達を呼び込む為の 人気記事や検索に強いページも調べておく必要があります。

訪問者の検索キーワードから考えて、自ら関連の記事、関連のタイトルを増やしたりする。こもれ非常に重要な作業ですよ。 これによって、PV数は劇的に上がりますから。

少々 気になったのは 記事の『タイトル』

今回の渡邉さんの記事で、 しいて、、、、、偉そうに モノ申すのであれば(^^;)💦💦※スイマセン  謙虚な気持ちです(^^;) 探している人の検索キーワードとブログのタイトルを意識した方が良いと思いました。または、タイトルにもう少し具体的な内容を書いた方が良かったんじゃないかと思いました。

『記事タイトル』と『SNS(FB)』の組み合わせでの拡散は よくあるパターンです。 その組み合わせで、興味を引くように書いてる人もいらっしゃいます。 それも一つの手だし、読んで貰えそうなのが思いついたらありですが、 個人的にはブログのタイトルは、

  • 分かり易さ
  • 興味深さ
  • 検索ワードとの相性

この3つが重要だと思ってます。 まあ、人の興味を引いてよんでもらえるに越したことはありませんが、せっかくなら検索結果から訪問してもらいたいじゃないですか?

書く事がエピソードなら ネタは困らない

毎回、毎日じゃないにしても、書く内容が実際のサロンワークの話しなら、ネタに困る事はないですよね。 多少文章力は 必要ですが(^^;) 書く事と伝える相手は はっきりします。 その結果 書きやすくなる気がします。

来店された、お客様の悩みや、困ったクセ毛対策、いつも起こる問題をカットで緩和を試みたり、そんな出来事、今日はありませんでしたか?

そんな、起こった出来事、それに対してのあなたの考え、対処法を ブログで紹介してみてはいかがでしょうか??

アイザワ@

はじめまして!アイザワと申します。1973年6月神奈川県鎌倉市生まれ。丑年ふたご座のB型 お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、@アイザワまでご連絡下さい。