『美容師、理容師の資格取得に関して規制緩和』発表されましたが、どうなんでしょうか?


厚生労働省が美容師、理容師の資格取得に関して、規制緩和を発表しました。 両方の免許取得は取りやすくなりそうです。。。。 が、そもそも、もう少し統一に出来たりしないんでしょうか?

みなさんこんにちは(^^) 【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする 日本橋人形町

広告ディレクター @アイザワ”です。【広告blog】

美容院・美容室を中心に広告物を取扱っています。 サロンの経営スタイルや方向性等を考慮して、それぞれに合った、『最適な広告』をご提案する事を心がけています。

何の為の規制緩和? 業界の為に役立つ?

規制緩和は 勿論良い事何でしょうけど、現状打開の為にとか、この事によって、何かが大幅に改善される、のようなイメージがイマイチ沸きません(^^;)

理美容師、両方取りやすく=資格取得で時間短縮―厚労省

厚生労働省の有識者検討会は15日、理容師か美容師いずれかの資格を持っていれば、もう一方の資格を取りやすくするとした報告書をまとめた。
内容が共通する科目を免除するなどして履修時間を1000時間減らし、専門学校などに通う期間を2年から1年に短縮する。年度内に政省令を改正し、早ければ2018年4月から実施する。
報告書は、どちらか一方の資格があれば類似した内容の実習を免除するとした。必修で免除する科目を増やすほか、選択科目も時間を短くするなどして、年間で必要な履修時間を現在の2010時間から1020時間に減らす。
修業期間も昼間・夜間課程は現在の2年を1年に、通信課程は3年を1年半に短縮する。国家試験でも筆記試験は技術理論のみとする。

引用:YAHOO JAPANニュース

資格が取り易くなるのは、良い事ですが、現状、どちらの免許も取得しようとしている人は、そんなに多くいるのでしょうか? これから先、そうする事で、大きなメリットは生まれるのか? 業界全体に何がもたらされるのか、イメージが沸きません。

僕自身の勉強不足なのかも知れないので、まだ、何とも 言えませんが、もっと業界全体の問題が緩和されるような、これから、美容師を目指す人が増えたり、目指しやすくなったり、美容室、理容室の経営者やスタッフのやり甲斐が増えるような、規制緩和や法の改善があると良いなと思いました。

どういった意図があるのか?等、もう少ししっかり調べたいと思います。 取り急ぎ、見つけたニュースを紹介しました。

皆さんは、どう思いますか?


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post