口コミ返信の例文と書き方!陥りがちな勘違いを避ける為のたった一つの事⁉

436 views

『口コミ返信機能』を上手く使えていない理由!多くの人が陥りがちな、たった一つの勘違いとは?!

『口コミの極意』として、成功の方法をお伝えする前に、多くの人が陥りがちな間違えや勘違いしている点『失敗例』を見本に『失敗しない為の考え方』を先に伝えします。

この記事の最後に『口コミ集客』が上手くいっていると有名なサロンの事例を紹介していますので、是非最後まで読んでみて下さい。

この『口コミ集客術』がマスター出来れば『来店を検討している人』もしくは『来店するか迷っている人』『大丈夫そうか確認している人』の集客率が断然に上がって、結果的に新規獲得数が激増するはずです!

ホットペッパービューティーの口コミ返信機能との相性は抜群に良いのでそのままフル活用してホットペッパービューティーからの新規獲得を増やして下さい。

引用:口コミの極意

タイトルにもある『勘違いを避ける為のたった一つの事?!』とは?!

口コミと口コミ返信を上手く使っている人と上手く活かせていない人との決定的な一つの違いと言うのは

『メインターゲット』

の見極めになります。

『返信相手』と『メインターゲット』が違うという認識があるか?

どういう事かというと『口コミ』と『口コミ返信』なので『誰宛てに書くか?』と言えば『口コミ記入者』に対しての返信になるのですが、一番見て欲しい人➤つまり『メインターゲット』は口コミ記入者では無いんです。この微妙な違いをしっかり認識して、意識的に使いこなせれば『口コミ』による新規集客獲得率は必ず上がります。

メインターゲットは来店検討中の次期見込み客

『メインターゲット』と言うのは『口コミ』と『口コミ返信』を見ている『第三者』になる訳です。

その『第三者』と言うのは、これから『このお店に行こうか?』『このメニューをやろうか?』『このスタイリストは大丈夫か?』『この商品を買おうか?』と『考えている人』『迷っている人』『調べて判断しようとしている人』『品定めをしている人』『他の人の体験談を参考にしようとしてる人』になります。

もっと簡潔に言うと『見込み客』です。それもかなり『上質な見込み客』『可能性が高くなっている見込み客』になります。こういう言い方するとやらしく聞こえるかもしれませんが、かなりコンバージョン(来店、購入等の決定率)に近づいている状態にある人なんです。

口コミ&口コミ返信は意思決定への影響力がエゲツナイ程強い

この状態の人の『最終意思決定』行くか?他にするか?の判断材料として見られています。かなり重要です。この口コミを見ている『見込み客』に伝える事、感じて貰う事は

  • 『じゃあ自分も行ってみよう』
  • 『このメニューをやってみよう』
  • 『この商品を買ってみよう』

と思わせる事です。

つまりこの人が

  • 『求めている事』
  • 『探している事』
  • 『望んでいる事』

『叶いそうだ』『上手くいきそうだ』『大丈夫そうだ』と思って貰う事がポイントになります。

では、そう思ってもらう為に何を書けば良いのか?どう書けば良いのかは『口コミの極意』の別の記事で詳しく書きます。ココでは逆に勘違いしない為に上手くいっている人と上手く使いこなせていない人の違いを解説していきます。

上手くいかない人が陥りがちな、たった一つの勘違いとは?!

多くの人が勘違いしている事とは

メインターゲットの勘違いから起こる『口コミ返信機能は口コミ記入者とのコミュニケーションツール』という認識で書いている点です。

先にも書きましたが。書く内容は『口コミ記入者』に対しての返信なんですが、一番のターゲット(➤一番見て欲しい人)は別の人になるという事です。

この微妙な部分を理解するかしないかが、効果、結果に大きく影響するんです。

多くの人がやっている勿体ない口コミの使い方事例

多くの人がやっている勿体ない使い方の事例、パターンから紹介します。

◆参考例①

口コミ(投稿者)

毎回細かいところまで気を使っていただき
ありがとうございます。
今回も気に入っています。
コロナ対策もきちんとされてて安心しました。

 

返信(サロン担当者)

口コミ投稿ありがとうございます。
今回のクセ毛矯正施術とカットスタイル気に入って頂けたご様子で何よりです。
感染症対策も皆さん大変だと思いますが、頑張って対策し少しでもウイルス撃退できればと思います。
気をつけて頑張りましょう。 次回のご来店をお待ちしています。

 

◆参考例②

口コミ(投稿者)

大満足です!(^o^)
クイックカラーリタッチ、デトックス、炭酸スパ
ヘッドと肩マッサージをして頂きました。
セルフでドライヤーをしている時、髪がふわっふわの
つるつる♪♪
最高の仕上がりでした!\(^o^)/
でその後お買い物に行きました♪♪
また伺います☆(^-^)/

 

返信(サロン担当者)

〇〇〇店をご利用頂き有り難うございます。
大満足して頂きありがとうございます。
ふわふわつるつるの質感に感動していただきとても嬉しいです(^^)
またお逢いできるのを楽しみにしております。

以上の2点をピックアップしました。決して間違えではありません。ただ、勿体ないだけなんです。

上記のままだと『口コミ投稿者』と『担当したスタイリスト』とのコミュニケーションツールになってしまっています。それでは集客力は高まりません。そこが勿体ない所なんです。

パターンを明確化します。

『投稿者』

成功した。上手くいった。気にいっている。良かったです。また来店します。等

『サロン返信者』

気にいって貰えて良かったです。お礼。ありがとうございます。またのご来店お待ちしています。

というパターンです。

気にいってくれている人への返信内容が一番のポイントになります!

これはこれで、成功している人がいて一安心は出来ますが、推しとしてはそれ程強い物ではありません。仮にあなたが調べている側の場合で想像してみて下さい。もっと具体的な何かが欲しいと感じませんか?具体的な良い点や具体的な成功した理由等、具体的で明確な理由があると、確信出来たり、安心出来たりすると思います。

『これなら大丈夫そうだ』と思える事がポイントになります。

不確定、不安要素を解消する様な明確な理由、具体的な裏付けが必要!

ポイントはココです!!!!

  • 不確定要素=本当に大丈夫かどうか分からない❓❓
  • 不安要素=広告に書いてある事が本当なのか?本当に望み通りになるのか?

この不確定要素、不安要素を解消してくれるような明確な『理由』や具体的な『裏付け』があれば、これなら大丈夫かも!くらいに思って貰えれば、まずは第一関門突破になる訳です。

口コミで集客が上手くいっている人、人気のスタイリストさんはこの辺の事が自然と上手にできているんです。下に口コミが有名なサロンを添付しておきます。口コミ投稿者に対しての返信の中での会話、コミュニケーションが非常に上手で、しかもそれを見た第三者が『行ってみよう』『お願いしよう』『自分も上手くいきそう』『望みが叶いそう』と思わせているのです。

単刀直入に説明すると

❶カスタマー(エンドユーザー・来店したお客様)が成功したという喜びの口コミを投稿 ➤ 成功例

❷スタイリスト(サロン側)は来店、口コミ投稿、喜んでくれた事等に対して、諸々のお礼をする ➤ 返信・コミュニケーション

❸スタイリストは続けて、成功した理由、成功の為の取組みを解説して、見ている人が『これなら』と思える為の、裏付けとなる要素を提供する。『○○だから上手くいくんです!』『上手くいくために日々○○しています!』 ➤ 成功する理由、失敗しない理由を伝える。➤これは本人に伝える事で本人は成功を確信してリピートする。さらに第三者(同じ症状の人や同じ事を求めている人)へのアピールに繋がる。

第三者(来店検討中の見込み客)カスタマーと自分は同じだから、自分も上手くいくかもしれない。これなら大丈夫そう!口コミの人と同じように成功しそう!と思う。 ➤ 最終意思決定に直結

これこそが答えになります。

❶と❷は全ての人が実践できています。肝心なのはこの❸が出来ているかどうかになります。先にピックアップして紹介した参考例の口コミ2件をもう一度読んでみて下さい。肝心な❸の要素が一切ありません。

程好い具体的な事を書く事で見ている人を納得させる事が重要ポイントです。

アイザワ@

はじめまして!アイザワと申します。 お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、@アイザワまでご連絡下さい。 1973年6月神奈川県鎌倉市生まれ。丑年 ふたご座 B型 金星人ー