【重要】美容院の『スタイル写真』をどうしていく? その2『メニューに合せる』


前回に続き、美容院の広告に重要な『スタイル写真』について 今回は、メニューや予約に直結するように、徹底してみては!?と、いう提案です。

よく ツイッターの、記事にあるんですが、髪型の写真とメニューがリンクしてないって話し、聞きませんか? 例えば、パーマメニューに付いていたスタイル写真の髪型にしてくれと注文したのに、 このスタイルは、パーマはかけて無い、コテで巻いてるだけ と、言われたとか。

ちょっとした、プチクレームの様なつぶやきを見掛けます。 そんな事にならない様にする為に!! そんな、内容です。

訪問ありがとうございます(^^)
【総合広告代理店】集客・集患、広告全般をサポートする
日本橋人形町の広告代理店

広告ディレクター @アイザワ”です。【広告blog】

自社メディア、SNSの活用サポート、集客プロモーション等、『最適な広告』をご提案します。

スタイル写真を見ている人は!?

ホットペッパービューティーの、特集やクーポンのアイコンには、スタイル画像がついています。 チラシやリーフレットも同様です。 一般の見ている人は、そのスタイルと、このメニューは、イコールだと思います。

でも実際は、撮影日に呼んだモデルさんを、コテ等で、仕上げて、スタイリングするのみで、『カット』は勿論、『カラー』も『パーマ』も『トリートメント』も、実際はしない事が多いですよね。

『そこに、サロン側とみ見ている側に 『ズレ』が生じます。

その写真を作っている時、サロン側は『何となく、可愛い感じ』『良い雰囲気にしたい』『人気店の写真の撮り方に近づけたい』『お洒落な写真にしたい』等など、 『ヘアカタログ』として 髪型の『サンプル』としては、撮影していませんよね。

確かに、他店より『目に付く様に』『目立つように』『可愛らしく見える様に』等を考えて撮影します。これは当然なんです。

自分の髪型を探している人用に!

魅力的な、人を惹きつけるイメージ写真は、大切です、必要です。 でも、スタイルギャラリーや、クーポン等、オーダーに直接、紐付く写真は、極力メニューと合わせる事をオススメします。

なかなか、出来ない状況も十重に承知ですが、お客様とのズレを無くして、広告➡来店時の『ストレスフリー化』を目指しましょう。

実際は、スタイリング写真がほとんど

可愛いモデルさんを使って、実際に撮影をするサロンが本当に増えました。 ひと昔前では考えられませんでした。 広告に使う写真などの多くは、フリー素材でした。 そういう意味では、実際にサロンで作ったスタイルです。

でもほとんど、スタイルングと撮影はしてるが、施術はしていない事が多い。 広告やホームページ等のイメージとしては良いのですが、 ヘアカタとして、サロンで施術したスタイルとして紹介するのは、そもそも違う気がします。

だから、先程書いたような、お客様との『ズレ』が生じる訳で、そこは実際に施術したお客様のスタイルを使うべきと、個人的には思っています。

『イメージに使う写真』 と 『ヘアカタログ』 として、使う写真は、別にして考えた方が、正しいと思います。

『人を惹き付ける写真』『魅力的な写真』 ➡ イメージ写真

『実際の施術の説明』『技術、メニューの紹介』 ➡ カタログ写真

施術をしてもいないのに さも自分が施術したように書くのは、一つ間違えば、ステマの様な物です。 少し大袈裟ですが、せてめそのスタイルにする為のメニューや料金くらいは 分かる様にしてあげる事が お客様の『ストレスフリー』に繋がると思います。

他のサロンがやっていない今こそ!

『人気店がやっているから、やってみる』では無くて、『他がやっていないから、やってみる』を、少しづつ、考えて実践して、試しながら取入れる事が、他店との『差別化』に繋がると思います。

何かで、二番煎じになるなら、究極の二番煎じにしてしまって、一番を喰ってしましましょう。 それも一つのビジネスの形ですから(^^;)

検索の時代なんで

先日、話題になった『逃げ恥』のみくりヘアーもそうですが、芸能人、モにデルさんの髪型に加えて、ドラマの役の髪型も、紹介、解説してみても、ネット検索では引っかかるかもしれませんよ。

何かと、検索して情報を得る時代です。 だからこそ、発信する側は、探している人、検索にヒットするように、工夫をしていきましょう。 それが出来る人が、今後、新規集客が出来る人なんだと思います。

※因みに、『みくり 髪型』は結構検索されてるんですよ!

関連記事
『「逃げ恥」みくりの髪型を注文すると 阿佐ヶ谷姉妹になる人増加中』らしい( *´艸`)
FBで、タイトル見て、ウケました( *´艸`)  ガッキーにしようとして➡阿佐ヶ谷姉妹って。 でも、身に覚えがあります。 中学生の頃、...


■お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、
@アイザワまでご連絡下さい。

・ご連絡先 TEL. : 03-6264-8306

■トップ広告社 グループ top-ad 
 ・(株) ワーク印刷 work to Pad 
 ・子供専門美容室 チョッキンズ キッズサロン 
 ・『鎌倉・湘南』エリア情報配信中 
 ・【スタッフ募集】DTPデザイナー・グラフィックデザイナー 

■ お問合せフォーム ■ 

ご質問・ご相談内容 (必須)

貴社名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

詳しい内容 (必須)

Related Post