【業務用】洗い流さないトリートメントは品質&コスパ抜群!【市販開始予告】

347 views

Index

抜群のコスパ!比較してみて下さい!『洗い流さないトリートメント』はヘアケアの必需品!サロン専売、業務用を市販開始します。高品質&コスパ!

今やセルフヘアケアの必需品となった、洗い流さない、アウトバストリートメントですが、コストパフォーマンスは高めなのが現実です。ある程度の商品となると仕方ない部分もありますが、これだけニーズも高まって来ているし、もう少し何とかならない物かと考えていました。

美容室オーナー様&個人事業主美容師様専用コスパを抑えた『洗い流さないトリートメント』はコチラから

今回、一般の方向けにこの記事を書いていますが『サロンでご使用』の洗い流さないトリートメントのコストはどのくらいですか?この商品は元々サロン内で、業務用に使用する為に開発された商品です。現在サロンでお使いの洗い流さないトリートメントの費用、コストと比較してみて下さい。詳細はこちらから美容室オーナー様&個人事業主美容師様はコチラ

超オススメ『洗い流さないトリートメント』『サロン専売・業務用の良い商品をコストを抑えて続けて使って欲しい!』その願いを叶える為に生まれた現代に適した販売方法!

コストが上がってしまう原因はいくつかあるんです。( *´艸`) その中で『品質を下げる事無く』『成分もそのまま』でコストを抑えるとなると……、①パッケージや商品デザイン、②広告、③流通、その他等、これらは変える事でコストを抑える!それが出来れば、もっと多くの人にヘアケアをして貰える!十分な量を使って貰える!

そんな思いから生まれた商品です。

オススメ理由1 業務用の商品を個人に1つづつ販売しています(^^) だからプロ仕様で安い

業務用ですが、販売は一つづつ個別に販売します。個人の方は勿論ですが、それ以上にサロン(美容室)様にもご利用頂けて、喜んでいただけると考えています。

制作者の一人は美容室の経営者です。当然、自身のサロンでも使っています。

ご利用の皆さんの『良いけど、ちょっと高いんだよなー』と言う声にこたえた低コスト!(業務用の分け売)

『アウトバストリートメントって商品は良いけど、ちょっと高いんだよねー』と言う声を多く聞きました。ニーズは多いし、人気も有る。気にいっている人も多くいて、みんな喜んでいる。儲ける事も出来そうだしビジネスチャンスも有るけど、もっと皆さんに喜んで使って欲しいという思いから制作しました。

【結論】➤品質、成分を下げずにコストを抑える事に成功!その理由とは?!

先に記載した通り『品質』も『成分・内容』も一切下げる事無く その他の部分でコストを抑える事に成功しました。詳しい説明は後半にしますが、ざっくり紹介すると

①パッケージ、ボトル、商品デザインを排除

パッケージ、ボトル、商品デザインを排除した『業務用の詰替えパック』を基本販売手段にしました。なので、ボトルや入れ物は100均で買って頂くか、別売りのボトルを購入して繰返しご利用下さい。デザインッ気はありませんが実用的です。

②広告、宣伝をせずに製造者から人づてに広めているので『変な物では無い』という信頼がある

広告、宣伝をせずに製造者との繋がりから広めていく為、そもそも『信頼』があって商品の品質等は間違えが無いという話しで人づてに広げているため、広告費、宣伝費は、必要最低限に抑えています。

さらに元々美容室で実際に使用している『業務用』なので当然品質は間違えありません。皆さんもこんな体験ありませんか?サロンや美容室等でやって貰って同じ事を家でやろうとしても、イマイチ仕上りが違う!みたいな経験ありませんか?業務用詰替えパックで、プロの美容師が選んで使っている商品です。勿論、品質や使いやすさは問題ない訳です!

③余計な仲介を全て排除した『人づて販売』

通常の流通で行くと、

製造→メーカー→卸問屋(ディーラー)→ドラッグストア、店舗(サロン・美容室)→送料

この様な流れが通常の流れになります。これらの流れの中でそれぞれマージン(収益・利益)が掛かってきます。物流の当然の流れです。ただ、今回はそれを抑えたかったので商品をオリジナルで製造して、メーカー、問屋を通さずに人づて(直接販売)をする事がだ来たわけです。有名メーカーやブランド、ディーラーを通さないというリスクと引換えにコストダウンに成功しました。

④その他の理由、、、それはズバリ、ネームバリューが一切無い!からスタートするリスクを覚悟

これは当然ですが、ズバリ『ネームバリュー』という武器を付けない覚悟をしたからなんです。これも先に記載した通りです。

ではあなたに質問します。

同じ棚に並べられた同じ種類の商品で、片や『有名ブランド』が出している商品、片や『無名』の商品だとして、多少の料金の違いだとすれば、あなたはどちらを手に取りますか?どちらを購入しますか?

当然、信頼がある方を購入しますよね(^^;💦  全く同じ成分で中身が同じだとしても基本的には信頼のある商品から先に検討するでしょう。そういった背景もあったので、無理に『良い商品である』とか『品質』や『コスト』を宣伝する事よりも、人間関係で『信頼』のある所から少しづつ広める事を選択しました。

なので『ネームバリュー』や最初の『ブランディング』は無いという事もコストダウンに繋がっています。

以上の様な事で、コストを抑える事に成功しました。

洗い流さないトリートメント、アウトバストリートメントとは?! こんな方にオススメ!

洗い流さないトリートメント、アウトバストリートメントと呼ばれるヘアケアとして使われるトリートメント。因みにアウトバストリートメントとは、『アウトバス』→『お風呂の外』で使うトリートメントと言う意味です。

通常のトリートメントの様に洗い流す必要が無いので洗い流さないトリートメントとも呼ばれています。というより商品説明みたいな物ですよね( *´艸`)💦

傷んでるから使うでは無く、傷めない為に使う事が重要

元々、髪のダメージや乾燥が気になる方には勿論、後は部分的に傷んだ部分を重点的に保護する事も出来ます。さらにオススメは『傷んでるから保護』では無く、『傷めない為に使う』が最も正しい使い方になります。

アイロン、͡コテを使う人には必需品になるトリートメント!

利用者が増えている『アイロン』『コテ』の利用者には特にオススメです。最近では男性、メンズのコテやアイロンの利用者も増えてきています。サロン(美容室)での店販の売れ行きでも、一番売れる商品は『シャンプー』で二番目にこの『アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)』なんですが、ここ2年での売れ行きの伸び率は、シャンプーが横ばいなのに対して、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)は2年連続で大幅に売れ行きを伸ばしています。

このままだと売れスジランキングを逆転するかもしれません。

コロナの影響もあってセルフヘアケア商品は注文の商品

コロナ禍の影響で自粛期間も有って自宅でのセルフヘアケアをする人は増えました。シャンプーも必需品ではありますが、使えるのは一日の中でいつでもと言う訳にはいきません。当然お風呂屋シャワーが必要になるので、利用数が限られます。それに比べるとアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)はいつでも使える、職場や学校など出先も持ち歩いて使えるメリットがあります。

ヘアクリームとしてニオイも楽しめる

最近はハンドクリーム、ボディークリームも大変人気がありますが、選ぶポイントの一つに『匂い』があります。この商品もニオイにはこだわっています。自分自身もそうですが周りの人にも好かれる様に程好いにおいを演出しています。

アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)の種類は?!

今回紹介の商品は、ノーマルなオイルタイプですが、現在大きく分けて

■オイルタイプ
■クリームタイプ
■エマルジョンタイプ
■ミルクタイプ

等があります。それぞれには特徴や適して髪質や髪の状態があります。基本的な目的やベースのコンセプト(ヘアケア、ダメージ保護)は変わりませんがご自身の髪質、状態を把握した上で使い分けても良いのではないかと思います。

詳しくは別の記事で紹介していきますが、まずは基本のオイルタイプを使って貰えれば間違えないと思います。

簡単に種類別に紹介してみます。参考にしてみて下さい。

よくある質問を元に!!『洗い流さないトリートメント(アウトバストリートメント)は、ミルクとオイルどちらがおすすめ?』

コロナ禍の影響もあって、ヘアケア商品の売れ行きは上がっています。その中でも人気の商品なのでこの『洗い流さないトリートメント』です。別名『アウトバストリートメント』とも呼ばれています。その名の通り、アウトバス=お風呂の外で使うトリートメントと言う意味です。入浴後、髪の毛を乾かす前に塗布するものが多いです。

利用者、購買者的には、オイルやミルクがどう違うのか?何が違うのか?が良く分からないそうで、よく質問があります。この違いは髪の違いや状態によってオススメは変わります。どっちが高級とかそういう事ではありません。

しかし、髪の毛に水分が多い状態ではトリートメントが馴染みづらく、効果が十分に感じられなくなってしまうので濡れた髪に使うものは、きちんとタオルドライしてから使用するようにしてください!

髪質や髪の状態によって適した商品が決まります

【オイルタイプ】こんな人にオススメ→『乾燥が気になる』

ミルクタイプの方が水分量が多いのでは?と思われがちですが… そうではないんです。ミルクタイプの場合、ドライヤーで乾かす際にトリートメントの水分と共に髪の毛の水分も奪いやすいというデメリットもあるんです。 なので、乾燥しやすい髪の人はドライヤーの前にミルクを使用すると、パサパサした手触りに仕上がってしまうことも…乾いた髪につける分には、特にパサつきが目立ってしまうということはありません。

オイルタイプのトリートメントは、ドライヤーで乾かす際にコーティングの効果を髪にもたらしてくれるんです!だからミルクと違ってオイルが髪の毛をコーティングして熱から守ってくれるので水分を奪われずに済みます。

【オイルタイプ】こんな人にオススメ→『ヘアアイロンからの保護』

前述の通りオイルタイプのトリートメントはミルクタイプとは違って、髪をコーティングして熱や摩擦によるダメージを防いでくれます。そのため、ヘアアイロンによる傷みを軽減したい人は事前にオイルをつけておくのはオススメです。

ヘアアイロンを使う直前にミルクを使うのはNG!! 髪が乾ききっていない状態でヘアアイロンを使用したとき、じゅっという音がした経験はありませんか?あの音は、髪の表面の水分と一緒に、髪の毛の水分も蒸発してしまっているサインです。ミルクをつけてすぐにヘアアイロンを使ったときも同じことが起こるので、注意して下さい!

【ミルクタイプ】こんな人にオススメ→『しっとりまとまりやすくしたい』

こう見ているとオイルタイプの方が優秀の様にも聞こえるかもしれませんがそうでも無いんです。ミルクタイプは含まれる水分量が多いので、しっとりとまとまりやすい髪にしてくれるものが多いです。ミルクよりもさらにしっとりさせたい!という方はクリームタイプのトリートメントを使うのもおすすめです。

【ミルクタイプ】こんな人にオススメ→『細い髪にオススメなのは?』

どちらかと言えばミルクタイプ!細い髪はダメージを受けやすく、髪が広がってまとまりにくい方が多いので、ミルクがおすすめです。但し、細い髪と言っても髪質の違いも有るので一概には言い切れないのと、オイルタイプでも「細い髪用」の商品んも有るので絶対的にミルクがおすすめという訳でもないのです。ただ、乾いた髪につける場合はオイルより軽い仕上がりになるミルクは『ペタ』っとなりにくいので比較的細い髪に向いていると思います!

人気でオススメの商品は?! 新タイプ『エマルジョンとは?』オイル、ミルク、クリームでは無い?

オイル、ミルクの違いや選び方は少し分かって貰えたと思いますが、このほかに人気なのが『エマルジョンタイプ洗い流さないトリートメント』です。トリートメント以外でも化粧品、コスメの中でこの『エマルジョン』と言う言葉は使われる様になっています。

そもそもエマルジョンとは??

「水の中に油が、もしくは油の中に水が分散している状態」のことで
「物質の乳化」という意味で使われているそうです

ここでいう、化粧品、コスメの『エマルジョン』は概ね=乳液という使われ方をしています。

化粧品では『乳液』の事を『エマルジョン』と表記したりもします。洗い流さないトリートメントについては、乳液のようなオイルとクリームの中間の様なタイプがエマルジョンタイプという事になります。

オイル、クリーム、ミルクどれとも違うエマルジョンのオススメの髪は?!

エマルジョンタイプの洗い流さないトリートメントはどんな髪、どんな状態の髪に最適なのか?

エマルジョンタイプは、油分と水分がバランス良く含まれているので、どんな髪質にも対応しやすいのがエマルジョンタイプの特徴で比較的万能タイプです。

オイルだと髪がベタッ、ペタンとなってしまう、でもクリームタイプだと髪がパサついてしまう…なんて髪質、髪の状態の方には相性が良いと思います。

使用するタイミングとしては、濡れている髪につけた方が素早く馴染みやすくヘアケアの効果もアップすると言われています。

逆に、エマルジョンと相性の悪い髪質や髪の状況は⁇

比較的、オールマイティなエマルジョンタイプですが、逆に言うと『このタイプにはエマルジョン!』というのがありません。『オイルだとベタつく!』『クリームだとパサつく!』そんな方たちに最適なのがエマルジョンタイプになります。

では逆に、エマルジョンタイプと相性が悪いのはどんな髪質?どんな状態の人でしょうか?

まず『乾燥毛でくせ毛の人』にはエマルジョンタイプは相性が悪いと言えます。この場合エマルジョンタタイプよりも、オイルタイプの方がお勧めです。

理由としては、油分で髪の表面をコーティングする事で、外気などの湿気(水分)を吸収しにくくなるので髪のクセも出づらくなります。また、乾いた髪の場合もオイルタイプを選んだ方が、髪を乾燥から守るのに適しています。

髪がペタンとなりやすい方は軟毛向けの軽めのオイルもありますのでそちらを使って使用料を調整して、ペタンとなるのを防いで下さい。

ちなみに軟毛用のオイルはミルボンからも出ています。「ミルボン エルジューダ リンバーセラム」は、ペタンとなりやすい髪のコシ感を高め、スタイリングしやすい髪へと導いてくれるオイルトリートメントです。

髪質や髪の状態に合わせた使い分けが、分らなければ美容師に相談してみては?!

何となくはどのタイプ別の『洗い流さないトリートメント』がある事は解って頂けましたか?

  • どういう髪質なのか?
  • どういう症状なのか?
  • 症状の原因は何か?
  • 使った結果どうなる事を望んでいるか?
  • 髪をどうしたいのか?

以上の事から選べるかと思いますが、少々難しい事もいくつかあります。

それは

  • 自分の髪の状態
  • 症状の原因は何か?

これらは、自分では判断できない部分があります。

その場合は一度プロの美容師に見て貰って相談する事をオススメします。

  • 自分の髪質にあうトリートメントは?
  • 普段の問題(悩み)を改善するには何をどうする事が必要か?
  • コテを多く使うのでコーティングするのは?

等、相談してみるのも良いかと思います。

サロンで販売している場合は営業されるかもしれませんが、使う価値は十分にあると思いますので、まだ使った事無い方は一度使って見ると良いと思います。

すでに経験済の方は、その価値はご存じだと思うので費用対効果を考えて、サロンで購入するか? 今回紹介した業務用詰替えアウトバストリートメントにするか? 是非参考にして選んでみて下さい。

ご注文お待ちしております。

『洗い流さないトリートメント』の関連検索ワードを調べてみた!

因みに『洗い流さないトリートメント』と関連して検索内容も調べてみました。皆さんは何を知りたいのか?何を調べているのか?

  1. 洗い流さないトリートメント メンズ
  2. 洗い流さないトリートメントランキング
  3. 洗い流さないトリートメントおすすめ
  4. 洗い流さないトリートメント ドラッグストア
  5. 洗い流さないトリートメント
  6. 洗い流さないトリートメント ミスト
  7. 洗い流さないトリートメント さらさら
  8. 洗い流さないトリートメント人気
  9. 洗い流さないトリートメント クリーム

ん~なんだろー(^^;💦

購入者は多いが、みんなどれを選ぶか困っている!迷っている!だからやるべき事は!!

メンズ、ランキング、オススメ、ドラッグストア、ミスト、さらさら、人気、クリームこれらのワードから見えてくるのは『どれが良いのか?』『自分にふさわしいか?』よく分からない??おそらくそういう事でしょう!

店販で売ろうとし過ぎると嫌がられると思うのですが、『あなたにおすすめの洗い流さないトリートメントは?!』『あなたの髪質に合うアウトバストリートメントの種類は?!』という前置きの元、オススメの種類、タイプを教えてあげると喜ばれると思います。

是非サロン内でやってみて下さい。そこから直接販売営業してしまうと、その言葉すら営業トークに変わってしまい信頼、信ぴょう性が落ちるのでそこは別けて実践した方が良いと思います!

念の為『アウトバストリートメント』も調べてみた!

  1. アウトバストリートメント 人気
  2. アウトバストリートメント 解析
  3. アウトバストリートメント おすすめ
  4. アウトバストリートメント クリーム
  5. アウトバストリートメント プチプラ
  6. アウトバストリートメント メンズ
  7. アウトバストリートメント ミスト
  8. アウトバストリートメント くせ毛
  9. アウトバストリートメント ミルク
  10. アウトバストリートメント ランキング

ん~こっちも同じ感じかなー。人気、解析、おすすめ、クリーム、プチプラ、メンズ、ミスト、くせ毛、ミルク、ランキングとなっていて迷ってる感じは同じかなーと。解析、プチプラ、くせ毛、ミルクは共通していません。

検索ワードとして『洗い流さないトリートメント』と『アウトバストリートメント』で比較すると、現状は圧倒的に『洗い流さないトリートメント』での検索が多い状況です。

月間検索ボリュームも

『洗い流さないトリートメント』→Google検索数 約48,400件

『アウトバストリートメント』→Google検索数 約9,680件

になっています。今の所『洗い流さないトリートメント』で探す人が多いみたいです。

個人的見解!要チェック関連ワードとは⁉

個人的に色々見てチェックしたいのは、市販品として購入目的で探している人は『市販』や『プチプラ』『コスパ』等のワードで検索しています。もう一つはやはり『メンズ』ですね。化粧水などの美容商材もメンズの売り上げは上がっているそうですが、『洗い流さないトリートメント』もメンズの需要も多いようです。

元々、ロングの女性向けのイメージがありますが、最近はコテを使うメンズも増えているのでケアケアとして探す人も多いようですね。

なので要チェック関連ワードは

  • 市販
  • プチプラ
  • コスパ
  • メンズ

と言った所でしょうか!

『業務用サイズ』を用意した真相とは!?

『プチプラ』や『コスパ』と言ったワードも多く検索されていて、もう少し安く手に入れたいと思っている人が多い事が分かります。『安く』よりも、コスパの良さを求めていて、小さいサイズで割高感を抱く人が多いのが原因だと思われます。

だからこそこの『業務用サイズ』を用意した訳です。

髪質診断、毛髪診断、頭皮診断はやるべきですが… 絶対言っちゃいけない事は…

元々美容意識の高い方や好きな方は、プロ目線のアドバイスや新情報は嬉しい話しです。何かを売る為だけの営業トークだけでは無く『あなたの○○は、□□のタイプなので△△が合うと思いますよ』とか知る事が出来るのは嬉しいと思います。こういった事の積み重ねがあなたの信頼度を高め、離れないお客様、ファンの獲得に繋がるのだと思います。

プロに相談したい方がいらっしゃいましたら、ご紹介しますので問合せフォームより(※アウトバストリートメント相談)と記入の上お問合せ下さい。

お問い合わせ

公式のLINEアカウントからのお問合せも受け付けています!(アウトバストリートメント相談と記載して下さい)詳しく下記から友達登録お願いします。

 

『公式LINE Official Account』はコチラから!

LINE公式アカウントに登場!お得な情報を受け取るには、以下のリンクから友だち追加してください。

【参考サイト】

https://my-best.com/3521

引用:おすすめ情報サービス  my best「【徹底比較】洗い流さないトリートメントのおすすめ人気ランキング141選【オイル・クリームタイプも】」

#クセ毛 #ミルク #市販 #ヘアオイル #メンズ #

アイザワ@

はじめまして!アイザワと申します。集客・広告等、お困りの事、悩み事、迷い中の事、探している事等あれば、@アイザワまでご連絡下さい。 1973年6月神奈川県鎌倉市生まれ。丑年 ふたご座 B型 金星人ー。 WEB集客は『ちょッとしたコツ』を知ってるか知らないかで大きな差が生じます。言われれば分かるけど、実際はどうかと見返すと、出来て無い人がほとんど… だからこそ、少し注意するだけで、集客率は上がります。 この知識は『ホットペッパービューティー』でも生かせるので是非覗いて下さい。