「 01-オウンドメディア(ブログ・記事等) 」一覧

ブログで書く事についてもう一度考え直す、なぜ書くのか?何を書くか?どう書くか?

ブログで書く事についてもう一度考え直す、なぜ書くのか?何を書くか?どう書くか?

なぜ書くのか?何を書くのか?何を見せたいのか?何を伝えたいのか?そしてどうなりたいのか?最終目的は何か?どうなれば成功なのか?質問されれば『決まってるじゃん!』『分かってる世損な事!』っていうレベル何ですが、いざ書いた記事を見てみると『あれっ?』って事結構あるんです。僕もですが(^^;)その見直しススメ記事です!

『発信』する理由と価値は?!会えない間のお客様へのアピール、思い出して貰う為!

『発信』する理由と価値は?!会えない間のお客様へのアピール、思い出して貰う為!

ブログやSNSをやる理由、意味、価値を見出せていない人はぜひ読んでみて共感出来たら今後はそれを書き続ける理由にして下さい。何か一つでも『なるほど!』と思える事あればその事を中心にして書き続ければいい訳です。何かに価値を見出して続けていく事は重要です。実際効果もあるそうです。良いキッカケになるかもしれません!

効果的なブログの書き方を考えなす!ターゲット決めて、ターゲットをハッキリ伝える!

効果的なブログの書き方を考えなす!ターゲット決めて、ターゲットをハッキリ伝える!

『タイトル』と『文章の冒頭(ディスクリプション)』に、記事の内容やメリットを書いて、『選ばれる』事を最大限に意識しましょう!その為にも、客観的な目で、第三者の目線で見ていく事が必須です。もしくは実際、第三者に見て貰った方がよりリアルに検証できます。リアルな検証は時間もかかるし、結構手間ですが一番の近道だと思います。

ネット集客・広告、SNS集客を、ヤルかヤラないかの判断基準!きっぱり教えます(´艸`*)

ネット集客・広告、SNS集客を、ヤルかヤラないかの判断基準!きっぱり教えます(´艸`*)

ブログ・SNSを始めるか迷っている美容師さんへ!始めるか?または、どう活用するかの判断基準!美容室の集客も求人も、広告・プロモーション全般においてインターネットは欠かす事は出来ない状況になっています。さらには、集客、求人において、ブログや各種SNSを活用する事も、当然やらないとイケないような風潮になっています

『コラムを見た方は、単価が高いメニューでも予約をする』という記事発見! その訳とは?

『コラムを見た方は、単価が高いメニューでも予約をする』という記事発見! その訳とは?

そもそも何故書くのか? 何の為?誰の為?目的は?ブログ、記事、コラム等を書く事やSNSで発信する事は、美容業界、美容師さんには必須になりつつあります。上手くいってる人は多くない。何故か?理由はいくつかありますが、まずはその『理由』を見つけ出す事が必要です。何を書くか考える時の考え方として、何の為に誰に向けて書くかを考える

【『大暴露!』市販のトリートメント消費者騙しの実態とは!?】という記事の紹介!!

【『大暴露!』市販のトリートメント消費者騙しの実態とは!?】という記事の紹介!!

見てる人がそうなの?知らなかった!何これ?って興味を持って貰える事って書いてる側としては当たり前、当然の事だったりする事もあります。美容師さんからすればすぐ分かる事かもしれませんが多少この業界に首突っ込んでる自分もよく分かっていません。見て欲しい相手が素人なら素人目線でタイトルを決めると効果が上がるかも!

『インスタ映え!』についての記事紹介! 僕の様なおじさんも、この位は理解しとかないと!!

『インスタ映え!』についての記事紹介! 僕の様なおじさんも、この位は理解しとかないと!!

『多すぎる!「インスタ映え」にまつわる大誤解』って記事を見て勉強しましょう!以前も書きましたがインスタはセンスの塊です。そもそもセンスの無い人は徹底して真似するしかありません。センスなので学ぶのも時間がかかります『インスタ映え』ってよく聞きますよね。 要するに『写真』の見栄えの事です。

『技術が追いついていないのであれば、スタイリストとして働くべきではない。』と、みんなにも言い切ってほしい!!

『技術が追いついていないのであれば、スタイリストとして働くべきではない。』と、みんなにも言い切ってほしい!!

ある、美容師さんが言い切っています!!!『美容師として髪を切っている以上、技術不足は言い訳になりません。もし技術が追いついていないのであれば、スタイリストとして働くべきではない。『デビューしたばかりのスタイリストの意識について疑問に思うことがある。』と書かれていました。多くの美容師さん、とくにデビューしたての方に読んで欲しいです